明石 個人再生 無料相談

明石で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

明石で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

明石で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら明石にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

明石で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば明石在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

覚えておいてほしいのですが、きちんと債務整理を完了したとしても、その後しばらくは、審査が必要な金融機関のサービスが受けられなくなるでしょう。

債務整理をすればこの事実が信用情報機関に保存され、ブラックになりますから、数年経たないと、クレジットカードで買い物をしたり、金融機関のローンを組んだり、大手消費者金融を利用するなどの行為が100%できなくなってしまいます。

多重債務などで債務整理をした場合、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

記録が消えるまでは、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

また、CICならば、自己破産の情報は5年、その他の方法、例えば任意整理や個人再生のケースでは登録自体がされないようになっています。

この期間はブラック状態なので、ローンやクレジットカードの審査に落ちるといったことが考えられます。

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、名前と住所が官報に載ります。

国の発行する官報には裁判内容などが掲載されるため、実際に自己破産をした場合だと二度、または、個人再生のケースでは債務整理中に三度、官報に掲載されます。

公告期間は1ヶ月あるのですが、身近なものではありませんし、ほとんどの人は閲覧しません。

ちなみに、任意整理の場合はそもそも裁判をしないので、官報には載りません。


債務整理というのは内容が複雑で、大きく3つのパターンがあり、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、それと自己破産とがあります。

最初に挙げた任意整理や個人再生といった債務整理は、依頼主に定収入がなければいけません。

というのは、それらは「債務の減額」が趣旨であり、どちらも返済しなければならない借金は残っています。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、安定した収入があることが不可欠なのです。

債務整理と名のつくものは自己破産であれ任意整理であれやろうと思えば債務者本人でも可能ですが、どの弁護士に聞いても無理だと答えるはずです。

債務の減額を目的とする任意整理では、借りた側が貸した側に借金の減額を求めるのですから、拒絶は目に見えていますし、個人再生のように判断が裁判所に委ねられているものは、裁判所が認めてくれるよう、申立書も再生計画なども自分で工夫して書かなければならないのです。

これが自己破産となると更に時間も手間もかかります。

債務整理というのは結局のところ、実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。

無料で債務整理の相談を受け付ける窓口は、思いのほか多いのをご存知でしょうか。

都道府県だけでなくもっと小さい市町村単位でも相談できる窓口がありますし、全国各地にある消費生活センター及び国民生活センター、各弁護士会、司法書士会連合、法テラスといったところでも随時対応の窓口があります。

個人の司法書士、弁護士事務所でもこういった無料相談を行っていることは多く、自分だけでなんとかするより、まず相談してみることをお薦めします。


任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、問題となることは大してありませんが、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。

破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律で上限の取り決めがあります。

それを上回っている分は処分することになるのですが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が許可されないのみならず悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。

通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産や個人再生においては個人情報が官報上に書かれてしまうことが債務整理をして抱えることになるリスクです。

と言っても、ある程度の期間の後に事故情報は抹消されますし、常日頃から官報を見ているような人は非常に限定的でしょう。

なお、もし保証人がいるならばその人に多大な迷惑がかかるかもしれません。

任意整理によって債務整理を行うことにした場合、延滞金や将来利息を免除の上で返済していく事ができます。

一方、元金のカットも要求するとなれば、非常に大変です。

担当弁護士や司法書士の交渉力によっては万一減額の可能性もあるでしょうが、仮に元金の減額をOKすると債権者にとって損になるのは間違いないので、滅多な事では受け入れられません。