千葉 個人再生 無料相談

千葉で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

千葉で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

千葉で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら千葉にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

千葉で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば千葉在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

一口に債務整理といっても、その方法は様々で、行った債務整理が違えば時間も変わります。

とはいえ、どのやり方でも絶対に3か月は必要になります。

当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、長引けば1年、またはそれ以上かかる人もいるようです。

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。

有名なところでいえば、ブラック状態になることです。

その影響として、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

この期間についてですが、選んだ債務整理の違いでブラックが解消されるまでが短ければ5年、長ければ10年と変わってきます。

債務整理は時間がかかるものですから、すべての手続きが終了するまで、数ヶ月はかかります。

ですが、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。

仮に、任意整理や個人再生をして債務の負担が減った場合も、支払を続けることになります。

残った債務は金利がかかりませんが、万が一、返済が遅れてしまうと、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、返済期日は確実に守るようにしましょう。


債務の返済が困難だから債務整理に踏み切ったのに、むしろ支払いが増えてしまったという例もないわけではありません。

おそらく、儲け第一主義の法務事務所や法律事務所に騙されたというケースです。

任意整理で寄せられた相談の中にもそういった例はあります。

和解で30万円の減額に成功した際、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

泣き寝入りしないためにも、最初から費用一切についてはきちんと明らかにしてもらうのが大事です。

予定していた日に返済が行われないと、その旨の連絡が借入先から来るはずです。

そこで遅れてでも支払う日を伝えれば、相手から二度と連絡が来ることはないはずです。

けれども、万一約束を破ろうものなら債務の返済を求める連絡がまた来るでしょうし、いずれ取り立てが始まり、訴訟や差し押さえに持ち込まれることもあります。

どのように頑張ってみても返済不能な状態に陥ったら、任意整理、個人再生、自己破産といった債務手続きをするという手があります。

どういった債務整理を依頼するにも、費用は発生します。

手始めに着手金、交渉が合意に達したり裁判で結果が出たときの成功報酬、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

仮に任意整理を依頼した場合は成功報酬は減額金額によって決められ、個人再生を行う際には成功報酬は先に定められています。

一方、自己破産の際は、裁判所から免責決定が下りたところで規定の成功報酬を払うことになります。


債務整理の方法全てと変わらず、過払い金返還請求も自分で手続きが可能です。

この時、最初に取引履歴の開示請求を行いますが、場合によってはその際ゼロ和解を打診される事があります。

残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。

もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえば発生している過払い金がどれだけなのか不確かなままに終わります。

よく考えずにゼロ和解してしまうと結果的に損となるリスクがあります。

毎月の借金返済がどうしようもなくなり、もうこれは債務整理をしようかと思い始めた人がまず問題となるのがどこで弁護士または司法書士へ委任するかですよね。

基本的に弁護士事務所では無料の初回相談を用意しています。

頼れる担当者かどうか、この無料相談を通じて判断が可能です。

あわせて、法律上の問題で悩んでいる人をサポートする公的機関の法テラスでも無料の相談対応が受けられます。

その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は借金を全て帳消しにすることができ、強力です。

ですが、申立をすれば皆が皆できるものではなく、裁判所から免責許可が出なければできません。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、有る場合では管財事件として財産を債権者たちに分配していくので、1年かかるようなケースもなくはありません。