千葉 個人再生 無料相談

千葉で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

千葉で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

千葉で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら千葉にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

千葉で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば千葉在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、月々の返済が苦しくなると思います。

このような場合、一括返済から支払方法をリボ払いに変更されると思います。

けれど、この返済方法でも支払いが滞ることが考えられます。

金銭的な余裕がなくなってくると、気持ちの余裕もなくなり、日常的な生活が困難になりますから、思い切って債務整理をして、余裕をもった支払いができるようにしてみてはいかがでしょうか。

後ろめたいことがあったとしても、弁護士にはすべて正直に話してください。

弁護士は依頼者を信頼して手続きを進めているため、嘘があると計算が狂います。

債務整理のために自己破産するのは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。

この前提が崩れては、自己破産はできないことは当然ですし、債権者も怒るでしょう。

悪気がなくとも、隠し事をするとロクな事になりませんから、正直に伝えるようにしてください。

過払い金があれば、借金を減らすことができるでしょう。

過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは業者に返済し過ぎた利息のことです。

平成20年に法が変わる前は、グレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、借りた人は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、債務を減らすことができるでしょう。


いくら相談は無料といっても、債務整理の手続きを弁護士等にしてもらおうと思ったら、手始めに着手金を払わなければなりません。

額に関する規定は特にありませんから、依頼先によって差はあります。

自己破産や個人再生といった手続きでは最初から成功報酬が固定で分かっていることが多いですが、弁護士を通して減額交渉する任意整理の場合は、減額内容によって成功報酬は異なってくるので注意が必要です。

支払いが軽減できると言われて債務整理を依頼したのにも関わらず、最終的に支払いが増えて大損したなどという話も時々聞こえてきます。

いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所に騙されたパターンです。

130万円の債務が任意整理で100万円弱に減額された際、手続き費用一式が50万、60万もしたら変ですよね。

たちの悪い業者にひっかからないように、費用に関する疑問は最初に確かめるべきです。

見積書を渋るところは要注意です。

自己破産や個人再生など裁判所を通じて行う債務整理は対象がすべての債権者となりますが、任意整理の場合は1債権者ごとに個別に行います。

費用も個別にかかるため、すべての債権者に減額交渉することは稀で、総じて減額量の大きいと見込まれる債権者を選んで行われるものです。

借金があまりないところまで債務整理の対象とすると、司法書士や弁護士に支払う費用が膨れ上がってしまうので、おすすめできません。


返済に困って借金手続きの助言を求めるなら、弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。

債務整理を頼むなら弁護士でも司法書士でもかまわないのですが、司法書士の場合、任意整理や過払い金請求にあたってはその金額が140万円を超えていると受任資格が認められません。

140万円に達しないことがはっきりしていれば依頼する相手はどちらでも良いでしょうが、額が大きくなることも否定できないとすれば無難に弁護士に依頼しておきましょう。

いくら自己破産が借金全てを清算できると言っても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が則る法律は破産法と言いますが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務から逃れることはできません。

具体例としては各種税金、養育費、罰金などが挙がります。

一方、一緒に扱われがちですが、養育費は免責されないのに対し、離婚の際の慰謝料は場合によって免責されることがあります。

債務整理の方法は様々ありますが、そのうち自己破産は唯一の全ての借金がチャラになるという強力な効果を持つ方法です。

しかし、申立をした人が誰でもできるとは言えず、裁判所から免責許可が出なければできません。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、当人が財産を持っているか否かで違います。

無いのであれば大体3ヶ月で判断されるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、場合によっては1年もかかります。