福岡 個人再生 無料相談

福岡で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

福岡で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

福岡で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
下にある診断フォームを使えば、福岡近くで個人再生の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

こちらのフォームを使えば、個人再生の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

※上記のフォームではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

福岡で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上の借金診断フォームを使ってあなたの状況に最適な弁護士事務所を見つけて下さい。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

こちらの診断フォームを使えば福岡近郊で個人再生の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかりますので。

 

 

債務整理コラム

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、数百万の借金を抱えたことがあります。

借入のキッカケは、勤めていた会社が倒産したことです。

再就職も難しく、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。

その後、しばらくして無事に再就職しましたが、毎月の収入に返済が追い付かず、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今現在は完済し、安定した生活を送っています。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。

一口に債務整理といっても、その方法は様々で、どの方法を選択したかで完了までに必要な期間にも差があります。

けれど、どれだけ簡易な債務整理の方法を選んだとしても、短くとも3か月の期間は必要になります。

債権者が複数に及んでいるというケースでは、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になる人もいるようです。

債務整理は借金地獄から抜け出す救済手段ですが、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

ちなみに、保存期間ですが、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

また、CICでは債務整理の方法によって期間が変わり、自己破産ならば約5年、任意整理や個人再生で借金を処分した人は、情報が残ることはありません。

いずれにしても、信用情報機関に登録されている期間はキャッシングが利用できない可能性が高いです。


債務整理というものはどんな手段にしろ手続きに時間がかかることはやむを得ません。

債務整理の一種である任意整理の場合は、司法書士や弁護士などに相談して債務整理の処理を始めると、減額の折り合いがつくまでには、だいたい3か月くらいはかかるもので、時には半年かそれ以上かかるパターンもあります。

債務整理に着手すると、解決するまでは取立てや連絡行為全般が禁止されていますが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。

返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、個人年金保険などに入っている場合は、返戻金の額や債務整理の種類次第では、解約を迫られることもあります。

たとえば自己破産なら、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

それから個人再生の場合ですが、生命保険は解約せずに済みますが、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、返戻金の有無が返済額に反映されることもないです。

認知度は高くないようですが、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

債務が残っている借入先について、過払い金が生じている時に効果が出るやりかたです。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、後日あらためて請求する形をとります。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、すべての債務を返済しおわってからとなります。


心が休まらない借金だらけの暮らしから自由になる方法として債務整理が挙げられます。

任意整理、民事再生、自己破産の3つの手続きがあり、債務整理はこれら全てをひっくるめた呼び方です。

その上に場合によっては過払い金請求も含まれます。

それぞれの手続きで形式が違いますから、情報を集めてから置かれている状況にちょうどいい方法をチョイスして、満足いく借金の債務整理を行いましょう。

弁護士事務所は豊富なので、どこで債務整理の依頼をしようかという選択は難しいですよね。

弁護士を選ぶ良い方法は、帰するところは債務整理に熟練していて受任実績が豊富にある所に頼むのが間違いないでしょう。

公式サイトを持っている法律事務所ばかりですから、積極的にサイト内で債務整理の経験について書いているかどうかチェックする事はいい判断材料になるでしょう。

債務整理によって借金を整理することができますが、それにも方法の選択肢があります。

延滞損害金や利息の減免のみを希望し元金は支払うつもりなのか、はなから元金の減額が不可欠なのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。

各自の置かれた状況によってどの方法が都合がいいかも異なるでしょう。

自力で手続きしようと思えばできますが、心配事がたくさんあるようなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。