福岡 個人再生 無料相談

福岡で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

福岡で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

福岡で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら福岡にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

福岡で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば福岡在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると周りの人に影響があるのかという問題ですが、あくまで債務者本人の債務が対象になるので、たとえ婚約者がいる状態だとしても無関係です。

債務整理の結果、相手に返済義務が譲渡されるということは100%ありませんから、心配しないでください。

とはいうものの、婚約者にとって、相手が債務整理をしているということは重要な問題になると思います。

債務整理についてお互いが納得した上で実際に結婚に進むべきです。

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で身内の人が辛い思いをする点については、心配いりません。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、ローンが組めなくなったりするようなことはありません。

とはいえ、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、安易な債務整理は厳禁です。

車を所有したまま債務整理をしたいのなら、車のローンは継続して払い続けて、任意整理などにすれば、車を残しておけるでしょう。

ですが、実際に債務整理をした結果、車を残せるかどうかは、債務者が日常生活を送る上で、車の有無がどれだけ影響を与えるかで違います。

もし車がなくても問題ないということになると、車を所有する許可が下りませんから、あらかじめ担当する弁護士や司法書士に相談し、車を手放した場合の不利益について訴えましょう。


債務整理は大きく3通りありますが、そのうち裁判所を介さず行えるのが任意整理です。

でも、個人再生と自己破産のふたつについては、どうしても裁判所の判断を仰ぐことになります。

ただ、絶対に本人が再三再四、裁判所に赴かなければいけないわけではありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、本人の代わりに弁護士が代理人になり、個人再生でも自己破産でも本来は出席すべき手続きを代行してもらえるのです。

司法書士ではこうはいきません。

借りたお金は自力で返していくのが筋というものですが、どうしても返済しきれない状態に陥ってしまったら債務整理を考えてみるべきです。

一般的に債務整理が必要かどうか判断する頃合いといえば、返済額が手取りの3割以上に及ぶ場合が挙げられます。

債務整理、とりわけ任意整理の場合はこの時期に行われるのが多く、生活が逼迫していなくても危険な状態と言えるでしょう。

成功報酬に充当するために債務整理の手続き中に司法書士や弁護士に勧められて始めた積立金は、報酬や経費を払って余った分は依頼者のところに返金されるシステムになっています。

お金がないのに積立をするのは大変だと思うでしょうが、結局は成功報酬になるので無駄ではありませんし、手続き期間中に本来は返済するはずだったお金を積立にするのですから、うっかり散財しないで済みます。

なるべくなら積み立てておくほうが、あとでラクです。


借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理をしてもかまいません。

しかし、任意整理や個人再生といった支払総額は減額できますが返済義務は依然としてある方法に限られます。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルで作った借金については免責不許可事由として取り扱われ、たとえ裁判所に破産を申し立てても恐らく免責されないでしょう。

現時点では貸金業法によって、貸付は年収の三分の一までとするという総量規制が存在します。

ところが、総量規制が取り決められる以前に三分の一を上回る借金を抱えた人もいるはずです。

そして、総量規制とは貸金業ではないことから無関係の銀行からの借入などが元で、知らぬ間に借入額が年収を凌ぐまでに大きくなっている場合も珍しいことではありません。

そうした時は返済が容易ではありませんので、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。

状況は人それぞれですから、適しているのは債務整理なのか、あるいは多重債務を1社の新たな債務にまとめるおまとめローンなのかは一概には言えません。

前者では、将来利息が免除されることで返済総額を減らすことができますが、信用情報に傷がつくことで新たな借金はそれが回復するまで無理というデメリットが考えられます。

一方、後者の場合には借り替えで利息を下げられれば多少は支払い総額を減らせるでしょうが、債務整理ほどではありません。

ただ、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。