福岡 個人再生 無料相談

福岡で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

福岡で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

福岡で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら福岡にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

福岡で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば福岡在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

処分する借金を、債権者ごとに選択できるのが任意整理です。

それゆえ、携帯電話会社を債務整理の対象外に指定すれば、携帯電話が債務整理で処分される可能性はありません。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、分割で支払うことは難しくなるため、携帯自体の代金は一括払いになります。

けれど、今までの携帯料金が未払いのままのケースでは、このようにはいかないでしょう。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。

実際のところ、債務整理には自己破産や任意整理などの違いがあり、どの方法を選択したかで所要時間が変わってきます。

ですが、どのような方法を取った場合でも、短くても3か月はかかると覚悟しておきましょう。

債権者が複数に及んでいるというケースでは、状況によっては1年以上かかるようなことも珍しくありません。

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

ここで言う過払い金とは、返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

かつては貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、ここでお金を借りていた人は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

これが過払い金と呼ばれるものです。

これを返還してもらえば、債務を減らすことができるでしょう。


返済に行き詰まり弁護士に支払う着手金ですら払えない状態になっても、任意整理をはじめとした債務整理全般を引き受けてくれる法律事務所はあります。

払う意思があることがわかるよう、手付金をできるだけ支払います。

もちろん借りてまで払えというものではありません。

不足している分は、債権者に受任通知書を送付してからローンの返済が一時的にない期間を利用して毎月積立をして、最終的に成功報酬も含めた上で一度に積立から精算を行います。

ごく一部の例外を除き、債務整理では大抵、こういった積立を勧められるケースが多いです。

借金の滞納で裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、債務整理ができないわけではありません。

ただ、原則として可能なのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、手続きを開始すると訴訟を取り下げてもらえる場合もあります。

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は訴訟は取消しになり、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。

遅延損害金はもちろん、借金についてくる金利も、弁護士や司法書士が債務整理の依頼を受け、債務整理開始通知を債権者あてに送付し、債権者にそれが届いた日を境に生じなくなります。

しかし延滞からこの手続きまでにかかった時間の間に遅延損害金がかさんでいる例も少なからずあります。

任意整理をするのであれば、弁護士から債権者に働きかけ、こうした遅延利息(遅延賠償)のカットも求めていきます。


借金について手続きの相談を持ちかけるとしたら、 弁護士や司法書士を擁する法律事務所となります。

債務整理は弁護士も司法書士も依頼を受けることができるのですが、任意整理や過払い金請求を司法書士に頼むには、その金額が140万円を超えていると受任する資格がないという制約があります。

絶対に140万円に満たないというケースなら両者とも問題はないですが、上回ることも見込まれるなら堅実に弁護士を選んでおくべきです。

保証人がついた借金の場合は、保証人は債務整理が行われると影響を受けます。

債務整理に選んだ方法に応じてどのような影響となるかは異なり、まず任意整理や特定調停においては書類の記入をしてもらうことにはなるものの、保証人は請求を受けません。

しかしながら、個人再生や自己破産においては、保証人に直接請求をすることが債権者に認められるので、全ての借金返済を保証人が負うことになってしまいます。

弁護士か司法書士かを問わず、債務整理依頼を担当する場合は前もって担当者自身が必ず債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件処理にあたっての規律を策定した規定を日弁連が通達しています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、面と向かって面談することをせず引き受けるような弁護士ないし司法書士がいたならば、この面談義務への違反となります。