岐阜 個人再生 無料相談

岐阜で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

岐阜で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

岐阜で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら岐阜にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

岐阜で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば岐阜在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、まだ手元にない売掛金が残っていたら、それも財産の中に入ります。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生で債務を整理した結果、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

けれども、仮に100万円の売掛金があると、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、220万円の債務になります。

債務整理を依頼する弁護士の選び方としては、価格と実績を中心に考えるのがおススメです。

しかし、料金体系がそれぞれの事務所で異なっていることも多いため、一見すると手付金は安くても、成功報酬など、その他の費用が高く、結果的に高い料金を払わなければならないケースもあります。

ネットなどにある利用者の話や口コミをチェックしてからいくつかの事務所をピックアップしておき、無料相談などで話をしてみて、信頼感が持てれば、正式に依頼しましょう。

増えすぎた借金を債務整理で何とかしようとする前に、おまとめローンできないか調べてみてください。

借金の総額は変わりませんが、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利息負担を軽くすることができるでしょう。

それに、返済管理が容易になって、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

おまとめローンもできないとなった段階で、実際に債務整理に着手するのも良いでしょう。


これまで見慣れてきた債権者からの封書が、見知らぬ会社名義に気がついたら変わっていて驚いたという声は意外と多いものです。

つまり、サービサーなどに債権を譲渡したと想定できます。

こうした時でも債務整理の手続きをすることは出来るわけですけれども、交渉する相手先が元の借入先ではなくサービサーなどになります。

また、債務整理の介入通知を送付することで、そのサービサー等からの督促や連絡は一時停止の状態になるのは債権者が変わろうと変わりありません。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、自己破産のように債務がなるわけではなく、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

しかしここで返済を怠ると、和解破棄、再生計画取り消しということになり、延滞期間に相当する遅延利息を含め、一切の債務を一括返済するよう迫られることもあります。

たった一回の遅延でも起こり得ます。

和解というのは約束ですから、守ってこそ価値があるのですから、ムダにしないようにしましょう。

どの債務整理にでも言えることですが、弁護士や司法書士の介入通知が送られた時点で、債務の取立て、FAXや電話などによる債権者からの連絡は厳しく制限されています。

とはいえ、任意整理の場合はこうした期間中に先方が訴訟という手を打つことがあります。

債務整理の中でも唯一裁判所を通さないのが任意整理ですが、貸主が返還訴訟を起こすのは妥当なことですし、その権利は法律で守られているため、止めることはできません。

すべてとは言いませんが、消費者金融の中には任意整理の介入通知を送ると必ずといっていいほど訴訟提起してくるような会社もないわけではありません。


それまでに債務整理をしたことがあって、さらに債務整理をしたい場合、一度目の債務整理がどんな方法で行われたかに応じて手続きが変わります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。

他方、任意整理の場合は特に期間の制約は設けられていません。

概して二度目の債務整理は最初に行ったときより承認が得られにくく、二回目の自己破産ならば尚のこと相当な難しさになるでしょう。

弁護士か司法書士かを問わず、債務整理の依頼を受ける時はあらかじめ担当者自身が必ず債務者と面談を個別に行うこととして、債務整理事件処理にあたっての規律を策定した規定を日弁連が打ち立てています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、対面での面談なしに請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、面談義務に従っていないという事になります。

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがメリットがそれぞれに違っています。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずゼロからの再出発が可能です。

民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については守ることができます。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、その上、その取引利率や借金の期間によっては過払い金を取り戻せることがあります。