弘前 個人再生 無料相談

弘前で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

弘前で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

弘前で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら弘前にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

弘前で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば弘前在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、月々の返済が苦しくなると思います。

このような場合、一括返済から支払方法をリボ払いに変更されると思います。

けれど、この返済方法でも支払いが滞ることが考えられます。

金銭的な余裕がなくなってくると、気持ちの余裕もなくなり、日常的な生活が困難になりますから、思い切って債務整理をして、余裕をもった支払いができるようにしてみてはいかがでしょうか。

後ろめたいことがあったとしても、弁護士にはすべて正直に話してください。

弁護士は依頼者を信頼して手続きを進めているため、嘘があると計算が狂います。

債務整理のために自己破産するのは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。

この前提が崩れては、自己破産はできないことは当然ですし、債権者も怒るでしょう。

悪気がなくとも、隠し事をするとロクな事になりませんから、正直に伝えるようにしてください。

過払い金があれば、借金を減らすことができるでしょう。

過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは業者に返済し過ぎた利息のことです。

平成20年に法が変わる前は、グレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、借りた人は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、債務を減らすことができるでしょう。


理由はどうあれ債務整理を行うと、CIC、JICC、全銀業などの個人信用情報機関に記録されます。

その結果、新規のローンなどは不可能ですし、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

要するにクレジットカードやキャッシングカードなどは一切持てないので、新たにカードを申し込んでも、審査で落とされるはずです。

最後に契約済みの債務の扱いについてですが、債務が帳消しになるわけではありませんから、支払いがなくなることはありません。

督促状などの封筒が見覚えのない会社からのものに急に変更になり、不安から弁護士のもとに相談に訪れる人は少なくありません。

社名変更というよりはこの場合、債権を回収業者(サービサー)に譲ったということで、回収業務は新しい債権者が行うことになります。

そういった状態からでも債務整理を開始することは可能ではあるものの、交渉相手は元の債権者から新しい債権者に変わります。

それから、債務整理手続きを始めることで、そこからの督促や取立てなどはぴたりと止むでしょう。

その点は債権者が変わっても心配無用です。

目的によって債務整理の種類は分かれていますが、そのうち裁判所を介さず行えるのが任意整理です。

残る2つは個人再生と自己破産ですが、これらは個人の思惑はどうあれ、裁判所を通さないことには処理できません。

しかし、債務者自身が再三再四、裁判所に赴かなければいけないわけではありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、自己破産にしろ個人再生にしろ弁護士が債務者の代理人になり、裁判所での手続きのほとんどを行えるので、依頼人本人が出向く機会は減ります。


習慣のように借金をしてしまうタイプで、何回まで債務整理をすることができるのだろうと不安に思っている人もいるでしょう。

原則としては無制限に何度でもすることができます。

そうは言っても、以前に債務整理をしたことがある上で改めて債務整理を希望するとなると、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。

債務整理があるからと簡単に考えるのはよくありません。

さて、住宅ローンの審査通過のためには債務整理を行った後に一定の期間が過ぎていて、信用情報機関に管理されている事故情報(通称ブラックリスト)から債務整理をした記録が消されて参照できなくなっている事が不可欠です。

どれくらいでそうなるかというと債務整理に選んだ方法ごとに差があり、現時点で消えているかを自分で確認する事ができます。

記録がなくなっているなら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。

債務整理の方法は様々ありますが、そのうち自己破産は唯一の借金を全て帳消しにすることができ、強力です。

そうは言っても、申立をした人が誰でもできるとは言えず、必ず裁判所による免責許可が出ないとできません。

申立を行ってから免責可否が告げられるまでの免責期間は、当人の財産状況によって差があります。

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、財産が有ればそれを債権者に分配することになるので、管財事件となり、1年かかる可能性もあります。