飯塚 個人再生 無料相談

飯塚で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

飯塚で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

飯塚で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら飯塚にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

飯塚で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば飯塚在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

結婚前に債務整理をしている人は、結婚して相手の苗字になったとしてもキャッシングやローンなどの審査に受かるようになるわけではありません。

審査の時には名前はもちろん、生年月日やその他の個人情報を参照して信用情報に事故歴がないのか調べます。

要するに名寄せを使っているのです。

なので、結婚で苗字だけが変わってもブラック状態は続くと思っておいてください。

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、売掛金が残っていると、それも財産の中に入ります。

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、債務整理で個人再生をしたら、200万円まで減額されると思います。

ですが、売掛金として100万円がある場合は、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、220万円の債務になります。

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で周りの家族に悪影響が出るという話は聞いたことがありません。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、ローンが組めなくなったりするなどという心配はありません。

ですが、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、安易な債務整理は厳禁です。


件数そのものは以前に比べて減ったものの、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

返済すべき債務があり、なおかつ返済した額の中に過払い金額が一定量ある場合に選べる方法です。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停以降に別途請求することになります。

過払い金請求は、借入先に対する債務が残っていると出来ませんが、一切の返済が済んでから行うことになります。

どうしても返済が不可能な場合にとられる自己破産の場合、申し立てした日から免責が確定するまでの間は資格や職業の制限が生じます。

保険募集員、不動産屋(宅建取引主任者)、質屋、警備員など職業は多岐にわたります。

もし自分がその職種に該当する場合、手続き開始から破産手続きの終了までは就労できないのです。

時間的には数ヶ月といったところでしょう。

任意整理や個人再生では、こういった制限はないですし、通常は職場に知られることもありません。

返済は契約書に記載された約束ですので支払い期日を過ぎれば、翌日には貸主側から連絡がくることと思います。

次の支払い予定日を聞かれるのでそこで約束すれば、あとでしつこく電話がかかってくることもありません。

しかし、遅れて支払う約束を反故にしてしまうと、また催促の連絡がきて、そのうち取り立てが始まり、下手をすると裁判にまで持ち込まれてしまうでしょう。

失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも支払いの見込みが立たない時は、いったん債務整理をして身辺の立て直しを計るのが有効です。


個々の状況次第で、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは違うでしょう。

まず前者の場合は、将来利息の支払いが免除となることで支払い総額が減少しますが、一旦は信用情報が傷つくため新しい借金はしばらく出来ないというデメリットがあります。

かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることで多少は支払い総額を減らせるでしょうが、債務整理での減少額と比較すると下回ります。

ただ、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。

弁護士か司法書士かを問わず、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者は絶対に自分で債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が設けています。

メールや電話で先に話を聞いてもらう事はできるものの、面と向かって面談することをせず担当となる弁護士または司法書士がいた場合、この面談義務に背いている訳です。

借金に伴い保証人になってくれた人がいる場合、債務整理で保証人にも影響が及びます。

どの方法で債務整理を行ったかによってその影響には差があり、例えば任意整理や特定調停だったならば書類の記入をしてもらうことにはなるものの、保証人が借金の取り立てを受ける事はありません。

一方、個人再生や自己破産の時は、債権者から保証人への直接の請求が可能となることから、借入金の全ての支払いを手続きの後は保証人に負担してもらうことになってしまいます。