川越 個人再生 無料相談

川越で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

川越で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

川越で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら川越にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

川越で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば川越在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

多重債務者の中には、重度のうつ病が多重債務の要因になったということも多いようです。

仕事に行けずに、返済ができなくなったり、不足した生活費を借金で遣り繰りしていたところ債務が膨らんでいたとは、相談しにくいことですから、孤独に悩むという人が後を絶ちません。

そのために、元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

この過払い金とは、つまり借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

かつてはグレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、債務者は違法な利息を払わされていたのです。

この払い過ぎた分が過払い金です。

過払い金を請求して返してもらえば、債務の負担が減らせる可能性があります。

個人事業主が債務整理で個人再生を行ったというケースでは、帳簿の上での売掛金が現金化されていない場合は、それも財産の中に入ります。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生を行うと、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

ですが、売掛金として100万円がある場合は、5分の1は債務に上乗せされるため、合計220万円の債務となります。


住宅ローンや車のローンが残っているうちに債務者が自己破産を行うと、その時点で返済しているローン契約は解除となり、返済のためにマイホームもマイカーも手放さなければなりません。

自己破産以外の債務整理では基本的にそうしたローン契約はなくなりませんし、支払いはこれまで通りしていかなければいけません。

ローンの返済さえできていれば返済のために売却する必要もなく、強制されることもありません。

月々の返済が苦しくなりついに債務整理をしようという時は、昔は情報がなかったものですが、いまはネットで債務整理関連の情報を容易に知ることができます。

けれども勤務先や家のPCなどを使って調べたりすると、職場ならアクセスログで、家なら履歴などから誰かに借金や債務整理のことがばれないとも限りません。

その点、スマートフォンを使うほうが安心です。

せっかく債務整理を依頼しても、手続きが思うように進まず弁護士や司法書士への依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、解任という手続きを踏まなければいけません。

解任せずに債務整理を別のところへ頼んでしまうと、債権者に二か所から受任通知が届くことになり、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

解任手続きは難しいことではありませんから、必ず解任し、あらためてほかのところに依頼してください。


再出発は何歳からでも可能です。

債務整理に年齢は無関係です。

債務整理の代償はクレジットカードが使えなくなることとローンが組めなくなることだけで、贅沢は我慢しなければいけないものの、それ以外は平均的に生活を営んでいくことができます。

年配の方であっても5年が経てば一通り元に戻りますから、借金のせいで苦悩している方は債務整理を新しいスタートのきっかけにしてはどうでしょうか。

債務者が行う借金の整理の形式に応じ4つの異なる方法により債務整理が可能です。

それは、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種です。

一つ一つ圧縮できる金額や裁判所の介入があるのかどうか等、異なる仕組みになります。

全方法に重なる点としては一定の期間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、新たな借金はその消滅を待たないと困難であるという事でしょう。

もしかすると、つい借金をする傾向があって、債務整理を複数回することは可能なのだろうかと疑問を抱いている人もいるかもしれません。

一般的には何度してもかまいません。

とは言え、以前に債務整理をしたことがある上でさらに債務整理が必要だということになると、通常よりも認められにくくなる可能性も、債務整理の方法次第では否定できません。

ですから、いざとなれば債務整理といい加減に考えるのはいけません。