川崎 個人再生 無料相談

川崎で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

川崎で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

川崎で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら川崎にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

川崎で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば川崎在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で本人以外の身内が不利益を被る可能性は低いです。

家族名義の財産が没収されたり、ローンが組めなくなったりするようなことはありません。

けれども、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、気を付けなければなりません。

借金が膨らんで債務整理を行ったのなら、抱えた借金を減らすことができるでしょう。

ですが、債務整理をした事実は、信用情報機関に載ってしまいます。

結果として、ブラックとして扱われるため、ローンやキャッシングの審査を通ることができなくなります。

少なくとも5年は経たないとブラックリストから外れないため、気を付けてください。

債務整理の中でも、任意整理は債権者の一部を選択して交渉しますが、任意整理以外の債務整理を選んだ場合は、全ての債権者に対する手続きをしなければなりません。

任意整理は、話し合いで互いの妥協点を探るので、債権者が和解交渉を拒否することも珍しくありません。

弁護士事務所などを通した方が上手くいきやすいのですが、依頼の際に、一部の借金を隠すようなことは厳禁です。

もし、きちんと言わないと、発覚した時に、それまでの手続きが台無しになる可能性があります。


債務整理を行う際は、公務員の場合は職場に知られることは必至だと考えている人は意外と多いものです。

しかし実際にはそのようなことはありえません。

自己破産はダメですが、任意整理や個人再生なら、当事者が黙っているうちは職場に知られることはまずないでしょう。

しかし公務員ならではの共済組合などでも借入が残っていたりすると、知られてしまう可能性が高いでしょう。

返済に困った末に債務整理を行ったものの、結局のところ赤字になってしまったといったウワサも、もしかすると真実が含まれているかもしれません。

いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所に騙されたパターンです。

任意整理しても100万の債務が70万にしか減らなかったのにそれを上回る費用を請求されるといったパターンです。

割に合わない契約をしないために、あらかじめ料金面はしっかり確認しておくにこしたことはありません。

奨学金の借り入れを申し込む際は保証人として親や親族が名を連ねていることが多いです。

しかし、その保証人が過去に債務整理を行っていると、個人信用情報を紹介すれば分かってしまうため、審査に通らないこともあるようです。

不安であれば、日本国際教育支援協会などの保証機関を利用すると、まったく保証人を立てずに貸与型奨学金を申し込むことが可能です。

保証料は毎月分割で払いますが、貸与される奨学金から差し引かれます。

検討してみる価値はあるでしょう。


借金を整理するための債務整理の中にも方法の選択肢があります。

延滞損害金や利息の減免のみを希望し元金は支払うつもりなのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

状況が人によりけりなのでちょうどいい方法を選ぶことになるでしょう。

一人で手続きをしてもかまいませんが、心もとなく思うようなら弁護士や司法書士がプロですから相談した方がいいでしょう。

その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は借金を全て帳消しにすることができ、強力です。

とは言え、誰であっても申立をすればできるとは限らず、裁判所から免責許可をもらわなければなりません。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。

無い場合は決定されるまで約3ヶ月といったところですが、有る場合では管財事件として財産を債権者たちに分配していくので、1年かかることもありえます。

概して、債務整理を行った人は全員ブラックリストに入ると言われる傾向がありますが、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。

払い過ぎになっていた分の利息を返してもらうだけですから、その結果、残債がなくなるのならば事故とは言えないという訳です。

ですが、発生している過払い金があっても金利の引き直しによって引き続き残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。