川崎 個人再生 無料相談

川崎で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

川崎で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

川崎で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら川崎にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

川崎で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば川崎在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

皆さんご存知のように、債務整理を行うと、増えすぎた利息の重荷からは解放されますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるという欠点も当然あります。

さて、ここで知りたいのは賃貸のアパートやマンションを借りることができるのかということでしょう。

実際のところ、賃貸契約不可という物件の数は、それほど多くありません。

選べる物件の数が減るとはいえ、借りることは不可能ではありません。

気になる債務整理にかかる費用ですが、債務整理を請け負っている弁護士事務所のHPを見るか、電話などで問い合わせると、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

債務の内容が複雑なケースでは、さらに費用がかさむこともありますが、よほどの事がなければ、相場通りの料金で依頼を受けてくれるでしょう。

どの弁護士事務所に問い合わせるかによって、かかる費用や説明も異なると思うので、親身になってくれる弁護士事務所を見付けてください。

債務整理の中でも、任意整理や個人再生を行う場合、債権者が和解交渉に応じてくれることが必須になります。

もし、任意整理を考えているのなら、借金を整理する対象を選び、それぞれの債権者と交渉を進めていくことになりますが、法的な強制力があるわけではないので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

また、個人再生の場合、複数の債務が対象になります。

けれども、半数以上の債権者の同意を得なければなりません。


生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。

具体的にいうと自己破産の場合は、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

一方、個人再生の際は、保険契約を解約するまではいかないものの、手続き時には解約返戻金は資産として扱われますから、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。

取扱実績は最近では減っているものの、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

手続き時点で返済が必要な借金があり、その上で払い込み済みのお金で過払い部分があるときに効果が出るやりかたです。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、特定調停時に過払い金請求を盛り込むことはできませんので、あとから請求を行います。

過払い金請求は、借入先に対する債務が残っていると出来ませんが、債務を完済している時点で請求可能となります。

どのような種類であれ債務整理をしたいと思ったら、最初に司法書士や弁護士などに依頼を受けてもらう「着手金」を払わなければなりません。

結果に応じて報酬金の支払いも発生しますし、ほかに考慮すべき出費というと、債権者の事務所や裁判所までの交通費や手続きに必要な書類を裁判所に提出するときの印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。

このあたりは本来、実費負担となるのが普通ですので、心配であればあらかじめ聞いておくと見込みが立ちやすいでしょう。


任意整理においては関係が無く、個人再生においては甘い基準なので、問題となることは大してありませんが、債務整理の手段を自己破産にするのであれば、禁止事項の一つに財産隠しがあります。

破産申立の際にどのくらいの現金と資産の所持が認められるかは法で上限の規定があります。

基準以上の分は処分することが求められますが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が許可されないのみならずもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。

債務整理の委任を弁護士や司法書士にしたい時、代金の用意が無理そうだという場合は例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

料金不要で借金に関して相談を受けていたり、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度により、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を立て替えるという援助もしてくれます。

借金を整理するための債務整理の中にも何種かの方法が考えられます。

延滞損害金や利息の減免のみを希望し元金は支払うつもりなのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額以前に返済を続ける事がもはやできないのか。

個々の状況次第でどの方法が都合がいいかも異なるでしょう。

自ら手続きを行う人もいますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら専門知識を持つ弁護士や司法書士がよい相談相手になりますよ。