北九州 個人再生 無料相談

北九州で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

北九州で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

北九州で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら北九州にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

北九州で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば北九州在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚を控えていても無関係です。

普通、債務整理で借金を処分したからといって、相手に返済義務が譲渡される可能性は一切ありませんから心配は無用です。

とはいうものの、婚約者にとって、相手が債務整理をしているということは重要な問題になると思います。

債務整理の事実を婚約者に正直に伝えてから婚姻関係を結ぶようにしてください。

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば各種ローンの審査に受かる可能性があります。

任意整理であれば、裁判せずに済みますから、裁判の内容が掲載される官報に名前が載ることもないでしょう。

もし、グレーゾーン金利での過剰な返済をしていたら、過払い金で借りた分の元本を完済できるケースもあり、該当者は初めからブラック状態になる不安はなくなります。

どれだけ公言しにくいことでも、自己破産する時には、すべてを正直に弁護士に申告しましょう。

互いの信頼関係に関わります。

そもそも自己破産は、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。

返済能力に偽りがあれば、債務整理も自己破産もできないうえ、債権者だって減額を許可しないのは確実です。

このように、嘘をつくとご自身にとって非常に不利な状況になるため、正直に伝えるようにしてください。


仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、個人再生、過払い金返還、任意整理などを行った実績があっても、生命保険や医療保険への加入は何の制限も受けません。

生命保険会社というのは加入の際に信用情報の照会をする保険会社はないですし、どのような債務整理をしようと、保険会社がそれを知ることはないわけです。

月々の保険料さえ払えるのなら生命保険の契約自体は、なんら債務整理の影響を受けないと思って良いでしょう。

新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって金融機関が参考にするのが個人信用情報ですが、これには債務整理をした過去についても記載が残っています。

これがある間はいわゆるブラック状態でローンを新たに組むことは不可能です。

債務整理の中でも自己破産なら、この記録は破産手続きによる免責許可が確定した時から、それ以外の方法で債務整理した場合ではローンを完済してから、少なくとも5年間は残ります。

弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、依頼を引き受けるにあたって着手金が発生し、成功報酬(作業の成果について支払うべき料金)、交通費や印紙代などの実費が挙げられます。

任意整理を行った際は減額できた額に応じた成功報酬が必要で、最初に成功報酬が決まっている個人再生とは異なります。

あとは自己破産ですが、この場合も免責許可を裁判所からもらえたらあらかじめ定めておいた成功報酬を支払います。


一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには複数の方法が用意されています。

延滞損害金や利息の減免のみを希望し元金は支払うつもりなのか、はなから元金の減額が不可欠なのか、金額以前に返済を続ける事がもはやできないのか。

各自の置かれた状況によって方法もどれを選ぶべきか変わってきます。

単独で手続きすることもできなくはありませんが、気がかりな事が多い場合は弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

以前に債務整理をしたことがあり、それを踏まえて再び債務整理を試みる場合には、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

個人再生もしくは自己破産の方法をとった人については、債務整理をもう一度するには7年以上待つ必要があります。

かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。

概して二度目の債務整理は最初に行ったときよりなかなか認められにくいのですが、特に二回目に行う自己破産は相当な難しさになるでしょう。

借入がかさみ、返済はもう無理だというタイミングで必要なのが債務整理です。

原則として債務者が債権者に利息の減免や支払い計画見直しといった点に関して申し入れをする事を言います。

しかし、相手方はプロで慣れているので、初心者の債務者が単独交渉で成果を出すのは一筋縄ではいきません。

精通している弁護士などの力を借りて行うのがスタンダードです。