神戸 個人再生 無料相談

神戸で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

神戸で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

神戸で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら神戸にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

神戸で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば神戸在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

車を処分を避けるのであれば、カーローンはそのままにしておいて、債務整理の方法を選ぶことによって、車を処分せずに済むかもしれません。

ただ、実際に車の所有が続けられるかについては、生活における車の必要性が重視され、人によっては自己破産しても車が残る場合があります。

車がなければ生活が破綻してしまうというようなケースでない限り、債務整理後も車を持ち続けることは難しくなります。

ですから、担当の弁護士などと打ち合わせをして、車を手放せない理由について説得できるようにしておきましょう。

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、現金になっていない売掛金がある場合、それも財産の中に入ります。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生を行うと、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

ただ、100万円の売掛金が残されているとして、この5分の1の20万円分をプラスした結果的に220万円の債務が残ることになります。

債務整理をすると、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることが難しいでしょう。

このブラック状態の期間ですが、どのような債務整理を行うかによって違います。

ですが、定期的な収入があり、なおかつ、今の職場に長く勤めている場合は、審査基準が甘い一部の消費者金融ならば、審査を通過できることがあります。

任意整理を行った場合は、この可能性が高いです。

個人再生の場合も可能性がありますが、自己破産の場合はかなり厳しくなります。


一口に債務整理といっても3通りあり、個人再生や任意整理のように自宅や車を手放さなくても良いもの、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

中でも個人再生と任意整理では、安定収入がある人というのが前提になっています。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は「債務の減額」が趣旨であり、どちらも返済しなければならない借金は残っています。

完済まではずっと借金を返していくのですし、安定収入は欠かせないものなのです。

給料を差し押さえされている間にその債権者を含んだ債務整理を行えば、差押えは手続きを始めた時点で解除になるのが普通です。

しかしあいにく任意整理をした際には強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、給与の差し押さえは続くことになります。

早々に和解を成立し、現在の差し押さえ状態の解除に結び付けないことには、生活そのものが成り立たなくなります。

現職の公務員が債務整理の手続きをすると、雇用者に知られるのは避けられないと考えがちですが、ある特殊な状況でなければ、知られることはありません。

自己破産は別として、その他の債務整理では自分さえ黙っていれば、会社に知られる可能性はありません。

しかし公務員ならではの共済組合などでもローンを借りていて債務が残っている場合には、そこ経由で露見する可能性はかなりあるでしょう。


もはや支払いが不可能となった借金を債務整理によって整理することができますが、残念ながら各種税金に限っては整理する事ができません。

自己破産に関して定めている破産法にも租税請求権は免責されない旨が明記されています。

納税義務は国民の三大義務でもありますから、困窮し、自己破産した人であろうと解放はされません。

しかし、自分の状況を役所で話して分納を打診する事はできなくはないでしょう。

普通は債務整理が原因で国内外の旅行が制限されたり引っ越しが制限されたりということはありません。

パスポートの新規申請にも何ら問題はありません。

ですが、その例から漏れるケースが1つだけあります。

自己破産を申し立てた状況下ばかりは、絶えず裁判所に対して自分の居場所を届けておくことが求められ、裁判所の許可を得ないと転居や旅行は認められません。

裁判所から免責の承認が出ればその他の債務整理と同じく、制限されることはありません。

親戚や友人が借金をしていて、その保証人になっているとすると、たとえ債権者が取立ててきても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

ですが、自己破産や個人再生による債務整理を行った債務者が一部ないし全部の支払いを放棄した場合には、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。

これを拒む事は不可能ですが、債権者とすり合わせを行って分割で支払いをする事は可能です。