高知 個人再生 無料相談

高知で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

高知で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

高知で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら高知にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

高知で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば高知在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

役に立つクレジットカードですが、度を超えた買い物をしてしまうと月々の返済が苦しくなると思います。

一括払いでの支払いが不可能な場合、毎月の返済額を少なくするリボ払いで返済を続けますが、リボ払いでも返済できない場合も珍しくありません。

返済に追われるようになると、気持ちの余裕もなくなり、日常的な生活が困難になりますから、債務整理で借金を整理し、借金地獄を抜け出し、再スタートを切るのも間違いではありません。

自分自身で債務整理を行うことは、不可能ではありませんが、生半可な知識では通用しません。

書類の申請や手続きに関して時間的な拘束が発生することは間違いないでしょう。

これらの問題を考えると、債務整理は司法書士や弁護士などのプロに依頼する方がベストなのかもしれません。

何と言っても知識が違いますし、場数を踏んでいる弁護士ならばスピーディーな手続きが期待できます。

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、現金になっていない売掛金がある場合、資産扱いとして処理されます。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生で債務を整理した結果、200万円まで減額されると思います。

ですが、もし売掛金として100万円がでてきたら、この売掛金の5分の1が返済額にプラスされるので、220万円の債務になります。


裁判所の判定を仰ぐ自己破産や個人再生などの減額、免責の手続きをする時は、代理人として司法書士を立てることはできません。

このため、司法書士は相談に乗ったり各種申請書類を作る役目を主に行います。

債務者本人が裁判所に申し立てに行かなければなりませんし、裁判所で質問されたことには自分で答える必要があります。

自己破産で特に管財案件である場合などは代理人として弁護士を立てないと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。

もし給与の差押えに遭っているあいだに差押えの原因となっている債権者を含めて債務整理すると、手続きを開始した時点で差押えは解除となります。

ただ、あいにく任意整理をした際には解除しなければいけないという決まりはないので、給与の差し押さえは続くことになります。

早々に和解を成立し、差し押さえをやめてもらわなければ日々の生活にも困るようになります。

金融機関が共有している個人信用情報には、債務整理をした履歴が何年間は保持されます。

記録は信販会社の利用以外はもちろん、就職に影響する可能性もあります。

それはいわゆる金融系の、個人信用情報に敏感な業種に勤めようとする場合がそれに該当します。

もし債務整理後にしっかり完済していたとしても、状況次第ではそれが元で不採用につながる可能性が高いです。

どう対処するかは会社によって違うでしょうから、採用されなかったら諦めるほかありません。


現行では貸金業法が定めている通り、貸付は年収の三分の一までという総量規制があります。

ですが、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。

さらに、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、知らず知らずのうちに年収以上にまで借金が膨れ上がっていることもよくあることです。

そのような場合はとても辛い返済になりますので、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。

法律の専門家である弁護士と司法書士はどちらも債務整理の依頼を受ける時はあらかじめ担当者は絶対に自分で債務者と面談を個別に行うこととして、日弁連が債務整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を設けています。

まずメールや電話で相談した上でというケースはありえるのですが、面談を会って行わないで担当となる弁護士または司法書士がいた場合、この面談義務に反しているという事です。

もし任意整理で債務整理をしようと考えているなら、債権者が交渉に応じないというケースもありえます。

任意整理というのは司法による働きかけなしに交渉を当事者同士が行い決定された返済額や期間で返済していく方法になります。

間に司法が入らないという事は、債権者は法的に交渉の席に着く義務は無いという事と同等です。

よって、債務者がこれまでに返済したことが一度もない等、極めて債権者に都合の悪い状況であればお互いが納得するところに辿り着けない可能性もあります。