高知 個人再生 無料相談

高知で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

高知で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

高知で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら高知にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

高知で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば高知在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。

代表的なものは、信用情報機関への登録でしょう。

要するに、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

自己破産や任意整理など、債務整理には複数の種類がありますが、選択した債務整理の方法によってブラックが解消されるまでが短ければ5年、長ければ10年と違いがあります。

当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。

例えば、このことが信用情報機関の金融事故欄に載ってしまうでしょう。

こうなってしまうと「ブラック」の対象ですから、長期間、クレジットカードや銀行ローンを利用することが容易ではなくなります。

債務整理の場合、ブラックでなくなるまでに5年と言われています。

借金の返済が滞るようになってくると、債務整理のために弁護士事務所を尋ねるというケースは多いです。

借金を踏み倒そうとしている訳ではないのですが、結局は延滞状態に陥ってしまうケースは、よくあります。

弁護士事務所などに相談して、今後の返済計画が立てられないとなったら、債務整理を行う手続きに入ります。

債権者による取り立て行為もどんどん厳しくなっていることでしょうし、本人も辛い気持ちになることは間違いないでしょう。

ですから、先手を打って行動することを心掛けてください。


たとえば個人再生や任意整理といった債務整理を行う際は、安定収入があることといった条件がつきますが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、生活に充てず借金を返すために使ってしまったら、即、支給を停止するということも実際にあるようです。

したがって、生活保護を受給している期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみと言えます。

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

借入先から督促や取立てがある際に自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行った場合、司法書士や弁護士によって債権者あてに受任通知書というものを送付すると、書状を受け取った日からはそういった行為は一切できなくなります。

ですから手続き中に連絡があれば内容を問わず、手続き中の法務事務所等にただちに連絡して対処してもらいましょう。

自身が対応する必要はないですし、もし対応すれば相手に禁止行為をさせることになるので、断ってください。

どの債務整理にでも言えることですが、受任通知送付後は債権者からの取り立て、連絡などはすべて禁止です。

ですが、こうした期間中にもかかわらず、任意整理の際は訴訟に踏み切られるケースもあります。

裁判所を通さずに交渉するのが任意整理ですが、貸主が返還訴訟を起こすのは妥当なことですし、その権利は法律で守られているため、止めることはできません。

すべてとは言いませんが、消費者金融の中には任意整理の介入通知を送るとすぐ裁判所に訴え出るところもある位です。


普通は債務整理によって国内外の旅行や転居に影響が生じることはありません。

パスポートの申請にあたっても特に差し支えはありません。

ただし、そこから外れる場合が1つだけ考えられます。

自己破産の申立中だけは、自分の居所を常に裁判所に承知しておいてもらうことが必要なので、転居や旅行をするには裁判所に許可してもらう必要があります。

免責が裁判所に認可された後であれば他の方法で債務整理をしたときと同じように、縛りはありません。

事故情報が信用機関に保存される期間というのは、大体5年くらいというのが通説です。

金融業者が個人の金融情報をシェアする機関を信用機関と呼びます。

これを使って金融業者はローンやクレジットカードの審査の時に個人情報を確認します。

つまり、債務整理をしたら、最低でも5年間は住宅ローンを組むのがかなり困難だと言えるでしょう。

債務整理を思い立った人は、心に留めておくべきです。

もし、借金があり債務整理を行っている最中に離婚をするならば、その借金が生活費に充当させるものだったなど婚姻生活において発生したものであれば財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

財産というのはプラスに限らず、金額的にはマイナスであっても同じように財産とされるためです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、婚姻中に生じたとしてもギャンブルなどで生まれた個人的借金であれば財産分与の対象外です。