甲府 個人再生 無料相談

甲府で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

甲府で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

甲府で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら甲府にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

甲府で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば甲府在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

もし、債務整理で借金を整理しようとした場合、認められるまでに、どのくらいの時間が必要になると思いますか?一口に債務整理といっても、その方法は様々で、行った債務整理が違えば完了までに必要な期間にも差があります。

しかし、どんな方法を選んだとしても短くても3か月はかかると覚悟しておきましょう。

当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、長引けば1年、またはそれ以上かかる可能性もあります。

借金の返済が滞るようになってくると、現実的に債務整理を考えるというケースは少なくありません。

返済したい気持ちはあるのに、結局は返済資金を工面できず、延滞を繰り返してしまう人は多いです。

司法書士や弁護士などの専門家を訪ね、返済は無理だと判断されれば、債務整理を行う手続きに入ります。

債権者による取り立て行為もどんどん厳しくなっていることでしょうし、精神的な病にかかる心配もあります。

ですから、早めに弁護士などに相談することをおススメします。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたりローンを利用することも簡単にはできなくなります。

なぜかと言うと、債務整理しなければならない程の債務を抱えたということで、いわゆる「ブラックリスト」に情報が残ってしまうからです。

約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、この期間は金融サービスを受けることは諦めましょう。


免責を目的とする自己破産や、債務が大幅に減額される個人再生を行う際は、全部の債権者を相手に含めますが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に処理していくので、かならずしも債権者すべてを対象とせず、大抵は減額幅の大きな債権者を選んで交渉対象としていきます。

とはいえ交渉そのものは任意となっているので、相手方が応じてくれなければその債権者に対する債務は減額されません。

取扱実績は最近では減っているものの、特定調停と呼ばれる債務整理があります。

交渉の間に入るのは裁判所なので、任意整理とは少し違います。

どのようなものかというと、借入先に対し過払い金が生じている時に選べる方法です。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、過払い金の請求は特定調停ではできませんから、あとから請求を行います。

債務が残っているうちは過払い金請求はできず、返済して借金がゼロになった時点で行えるようになります。

誰にでもあることではありませんが、財産を相続する場合、本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、マイナスのほうが多いとまさに「蓋を開けてビックリ」の状態で債務を抱えてしまいます。

ただ、そうなれば債務整理という手段があります。

債務整理というと自己破産を連想する人がいますが、通常行われるのは任意整理で、法律事務所などを通じて債務総額の減額を債権者にお願いすることになります。

面倒な状況に巻き込まれないよう、もし、相続の承認を求められたら注意が必要です。


債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。

主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。

任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、各月の支払いを行っていくことになり、一般に借り入れの元金は不変です。

その一方、民事再生の場合は返済計画を検討して裁判所に提出を行い、認められたら元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになります。

返済の目途が立たない借金を債務整理によって整理することができますが、唯一整理できないのが各種税金です。

自己破産について規定している破産法にも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中に含まれています。

納税義務は国民の三大義務でもありますから、自己破産をしたから免除というわけにはいきません。

しかし、訳を話して役所で分納できないか相談に乗ってもらう事は可能です。

債務整理をする方法の中で、返済が完了している借金について債権者に不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。

あらかじめこの返還請求をする場合はその当時の借金額や取引の履歴が残った書類があるといいでしょう。

今までの取引履歴を把握できれば、利息を正確に算出できるので、過剰な利息の支払い分を手元に戻せるはずです。