京都 個人再生 無料相談

京都で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

京都で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

京都で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら京都にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

京都で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば京都在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

増えすぎた借金は、債務整理をすれば、払える程度の債務にまで減額してもらうことができるでしょう。

でも、債務整理を行ったことは信用情報機関に残されます。

どういうことかと言うと、ブラックとして扱われるため、借入やローンの審査で落とされるようになります。

約5年間はこうした状態が続くので、留意しておく必要があります。

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

ですが、家族が負担を負うことはないようです。

家族が所有する財産も債務整理の対象になったり、今後、金融機関などでお金を借りることができなくなるなどという心配はありません。

けれども、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう訳にはいかないでしょう。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、安易な債務整理は厳禁です。

もし、自己破産や個人再生をしたのなら、確実に官報に個人情報が載るでしょう。

国の発行する官報には裁判内容などが掲載されるため、自己破産ならば二度掲載されますし、または、個人再生のケースでは債務整理中に三度、官報に掲載されます。

公告期間は1ヶ月あるのですが、一般家庭に配布されるものではありませんから、知り合いに閲覧される心配は、ほとんどありません。

なお、任意整理をした人は100%掲載されません。


返していけるよう借金を減額するのが個人再生や任意整理の主目的ですから、免責される自己破産とは訳が違い、減額後も残った借金を返済する必要があります。

ただ、返さなければ、和解や再生計画でホッとしたのもつかの間、当然ながら遅延利息を含めたすべての債務を一括で返すように迫られることもあります。

たった一回の遅延でも起こり得ます。

和解にしろ、裁判所に提出した再生計画にしろ、守るよう、肝に銘じておくべきです。

自己破産と違い、任意整理を行った場合は債務が残り返済義務があります。

弁護士を頼んでせっかく債務整理したはずなのに、期待したより債務が減らなかったといった結果になり、がっかりしたという声もないわけではありません。

ですから、任意整理を選ぶかどうかは今一度考える時間を持つべきです。

債務整理に関する相談を無償で受け付ける法務事務所や弁護士なども最近は多いですし、専門家に相談して解決策を見つける方が安心かもしれません。

どのような債務整理であれ、一度でもすれば個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

ですから新たなローンの申し込みは出来ません。

いわゆるブラックリストです。

すでにクレジットカード等を持っている場合も、利用停止になっているでしょう。

つまりクレジットカードを持てない状態ですから、新規でカードを作ろうとしても審査落ちするでしょう。

しかし既に契約済みの借り入れは、自己破産しないかぎり債務を返済する義務は残っていますので、完済に向けて支払いを続けていきます。


パチンコや競馬などギャンブルをして借金を作った場合でも債務整理はできなくはありません。

しかし、任意整理や個人再生といった支払総額が減るに留まり返済義務は依然としてある方法に限られます。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルが元の借金は免責不許可事由に該当し、たとえ裁判所に破産を申し立ててもあまり免責は期待できません。

債務整理で借金を整理するにも、方法を選ぶことができます。

希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、そうではなく元金を減らしてほしいのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。

一人一人の事情からどの方法が都合がいいかも異なるでしょう。

一人で手続きをしてもかまいませんが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。

債務整理の依頼を弁護士あるいは司法書士にする場合、揃えておくべきものははじめに、身分証明書と印鑑、利用中のクレジットカード、そして現在の借入の状況を示すあらゆるものです。

あわせて、資産を持っていることを証する書類も場合によっては必要です。

例えば契約書がもう残っていなかったり、クレジットカードを紛失していたとしても、調査すればいいだけのことですから諦めないでください。