奈良 個人再生 無料相談

奈良で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

奈良で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

奈良で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら奈良にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

奈良で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば奈良在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

誰しもクレジットカードを使い過ぎた経験があると思いますが、あまりに計画性のない使い方をすると、返済が難しくなってしまいます。

一般的に、一括での支払いが無理ならば、リボ払いで支払いを続けていくことになります。

しかし、リボ払いの返済も遅延することが考えられます。

返済に追われるようになると、追い詰められ、まともな生活ができなくなるので、債務整理を行い、できる範囲で返済することをおススメします。

家族には借金のことを知られたくありませんでしたから、任意整理を行って返済の負担を軽減するつもりでしたが、すでに借金がかさんでいましたから担当の弁護士から個人再生を勧められる状態でした。

車の所有は許可が下りなかったものの、家をそのままにできたのは嬉しかったですね。

借金の負担が大幅に軽減されましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、精神的な面でも債務整理をして良かったと思っています。

債務整理の際の注意点ですが、個人事業主が個人再生をした場合は、現金化されていない売掛金があると、資産扱いになります。

もし、1000万円の借金があるといったケースなら、個人再生を行って、5分の1まで債務を減らせますから、200万円になります。

とはいえ、売掛金として100万円がある場合は、100万円の5分の1の20万円を加算した合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。


返済に行き詰まり弁護士に支払う着手金ですら払えない状態になっても、任意整理や個人再生などといった債務整理を依頼することは可能です。

つまり、手付金という名目のお金をなるべく用意するようにして、不足している分は、債権者に受任通知書を送付してから返済猶予期間に積み立てをして、すべての処理が終わってから成功報酬などと一緒に精算します。

債務整理の相談に行った際は、こういった積立を勧められるケースが多いです。

近頃はあまり見かけませんが、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

債務が残っている借入先について、払い込み済みのお金で過払い部分があるときに選べる方法です。

計算したときに過払い金の方が多いときは、過払い金の請求は特定調停ではできませんから、あとから別途、請求します。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、一切の返済が済んでから行うことになります。

利息制限法にのっとって過払い金を算出し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

けれども過払いの部分が債務を上回るときは、この特定調停という制度では払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、単に負債が無くなるというだけです。

もし過払い金が戻ってくる可能性が高いと予測がつくのでしたら、特定調停は避け、返還が期待できるという意味で過払い金請求を行うほうが良いのです。


家族に隠して債務整理をしようとするとどうやって債務整理を行うかで難易度が違います。

任意整理の場合には自分で全手続きを行おうとしなければほとんど家族にばれることはありません。

けれども、個人再生や自己破産の場合は、 その手続きの際に世帯収入や資産を公開する必要があるため、ばれるのを覚悟した方がいいです。

なお、職場に関しては、どんな方法で債務整理を行おうと内密にできます。

何歳になっても再スタートは切れます。

何歳であろうが債務整理には影響しません。

債務整理と引き換えに不便になることと言えばクレジットカードの使用やローンを組むことができなくなるだけで、贅沢は我慢しなければいけないものの、それ以外は通常と変わらず生活していけます。

たとえ高齢だとしても5年待てば元と同じ状態に戻れますから、借金に悩まされているのだとしたら債務整理を新しいスタートのきっかけにしてはどうでしょうか。

住宅ローン審査を通過したいなら債務整理を経験してからそれなりの時が経ち、信用情報機関が持ついわゆるブラックリスト(事故情報)から債務整理が行われた記録がなくなっている事が欠かせません。

どの程度の期間かといえば債務整理をした方法によってそれぞれで、消えたのか否かの確認は任意で可能です。

所定の期間が終わっていれば、たとえ債務整理の経験があってもマイホームのローン購入は不可能ではありません。