松山 個人再生 無料相談

松山で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

松山で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

松山で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら松山にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

松山で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば松山在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

この過払い金とは、つまり高金利で貸された借金の返済分のことを意味します。

以前は罰則がないという理由で違法な高金利でサービスをしていた業者が多かったので、融資を受けた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、今の借金の返済に充てることができるでしょう。

借金が膨らみ、自己破産や個人再生をしたのであれば、本人の名前や住所が官報に掲載されます。

この官報とは、国の広報誌で、もし自己破産をしたのであれば二度公告され、個人再生をしたのなら、合計で三度、官報に公告されることになります。

公告期間は1ヶ月あるのですが、官報は一般的になじみがあるのものではないですし、周囲の人間が見ていることは極めてレアなケースです。

任意整理を行ったのであれば裁判ではありませんから、官報には公告されません。

債務整理時に必要な費用ですが、どの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。

任意整理の場合、借金をしている会社ごとに基本料金があり、なおかつ、減額された金額の何パーセントかを、成功報酬というかたちで支払わなければなりません。

基本料金についてですが、債権者や債務総額に関係なく主に固定料金になっていますから、そこまで減額を必要としない債権者にも任意整理の交渉をすると、弁護士などに支払う費用の方が高くなってしまう可能性があります。


個人再生や自己破産の場合、手続きを開始した時点ですべての借入先を整理対象としますが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に手続きしていくという違いがあります。

債権者全員を対象とするよりは、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に交渉対象としていきます。

ただ、交渉に応じるかどうかは任意ですので、相手方が応じてくれなければその債務については減額は見込めません。

自己破産ではなくその他の債務整理を選択するためには安定収入があることといった条件がつきますが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。

生活保護で支給されるお金は借金返済に充当すべきではないという考え方があり、借金返済などに流用すれば、生活保護費の支給を打ち切るといったことも実際にあるようです。

そういうわけで、生活保護費の支給を受けている間に債務整理するとしたら、とれる手段は自己破産だけと言えます。

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

普通、債務整理を引き受けてもらう際は、手始めとして弁護士や認定司法書士などに手続きを請け負ってもらうための着手金が不可欠です。

報酬金は成果に応じて変わるのが常ですし、費用面ではこのほか、所轄の裁判所ならびに債権者のもとに行くための交通費や、申立書等を裁判所に提出する際の印紙代金なども、塵が積もればばかになりません。

しかし交通費や印紙代などは実費が基本ですから、上乗せして要求してくるようなことは通常はありません。


他の全ての債務整理の方法と同じく、過払い金返還請求も自分で手続きが可能です。

この時、最初に取引履歴の開示請求を行いますが、その際、ゼロ和解を持ちかけられる可能性があります。

残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。

もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえば一体どの程度の過払い金があるのか不確かなままに終わります。

易々とゼロ和解をOKしてしまうと損が出てくることも考えられます。

結婚や離婚をして名字が変わった人は、これまでの債務整理の記録は初期化されるかどうかと言えばそれは違います。

カードを申し込むとき旧姓記入欄もよく見られますし、本人確認に使われるものは氏名だけに限りません。

たとえ審査に通過できたところで、それから債務整理の記録が明らかになり次第、即座にカード利用の停止やカードの返却要請がされる恐れも否定できません。

弁護士、司法書士のいずれも、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は絶対に担当者その人が債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件処理における規律についての規定を日弁連が設けています。

先にメールや電話で相談しておく事もできなくはないですが、面談を会って行わないで弁護士や司法書士が依頼を受けたなら、日弁連規定の面談義務を果たしていない事になります。