港区 個人再生 無料相談

港区で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

港区で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

港区で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら港区にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

港区で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば港区で個人再生の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかりますので。

 

 

債務整理コラム

借金がかさんで債務整理をすると、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

この期間は有限で、JICCのケースでは、任意整理、個人再生、自己破産のどれもがおよそ5年の保存期間になります。

あるいは、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、その他の方法、例えば任意整理や個人再生のケースでは情報が残ることはありません。

いずれの情報機関でも、情報が残っている間はローンやクレジットカードの審査に落ちるといった問題があります。

実際に債務整理をしたら、これが認められるまでの時間はどれくらいになるのでしょう。

債務整理の方法は様々なので、行った債務整理が違えば時間も変わります。

でも、基本的にどのような債務整理の方法でも、3か月はかかるものだと思います。

なお、借り入れ先が多数に及んでいるという場合は、その分時間がかかります。

長引けば1年、またはそれ以上かかる可能性もあります。

債務整理を弁護士に依頼するとなると、料金がかかりますが、債務整理を請け負っている弁護士事務所のHPを見るか、電話などで問い合わせると、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

債務の内容が複雑なケースでは、さらに費用がかさむこともありますが、よくある多重債務であれば、掲載されているような標準料金で手続きを始めてくれるはずです。

弁護士事務所次第で、それぞれの対応や説明が違ってきますから、信頼できなさそうだと思えば、別の事務所を探すのもおススメです。


債務整理というものはどんな手段にしろ手続きに時間がかかることはやむを得ません。

債務整理の一種である任意整理の場合は、司法書士や弁護士などに相談して債務整理の処理を始めると、減額の折り合いがつくまでには、だいたい3か月くらいはかかるもので、時には半年かそれ以上かかるパターンもあります。

債務整理に着手すると、解決するまでは取立てや連絡行為全般が禁止されていますが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。

返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、個人年金保険などに入っている場合は、返戻金の額や債務整理の種類次第では、解約を迫られることもあります。

たとえば自己破産なら、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

それから個人再生の場合ですが、生命保険は解約せずに済みますが、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、返戻金の有無が返済額に反映されることもないです。

認知度は高くないようですが、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

債務が残っている借入先について、過払い金が生じている時に効果が出るやりかたです。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、後日あらためて請求する形をとります。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、すべての債務を返済しおわってからとなります。


借金の元がパチンコや競馬などギャンブルである時も債務整理はできなくはありません。

ですが、その手段は任意整理や個人再生といった支払総額の圧縮のみで引き続き返済の義務は残る方法のみとなります。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルが元の借金は免責不許可事由として取り扱われ、裁判所で破産申立をしようが免責される見込みは少ないでしょう。

月々の支払が難しいという時の措置といった点は共通ですが、任意売却は不動産を購入したけれどローンがどうしても返済できなくなった場合に不動産を売却し得られたお金を返済に使う事を指して言います。

それに対し、債務整理は支払うのがもはや無理だという借金の完済を目指し、適切な方法により整理する事です。

不動産ローンと借金の両方とも事情により支払えないケースもありえるため、そのような方は任意売却と債務整理いずれも行う事になるでしょう。

親戚や友人が借金をしていて、その保証人になっているとすると、債権者からの取立てを受けたとしても拒否して債務者に支払いを求めるよう促すことが可能です。

ところが、債務整理のうちの自己破産や個人再生が行われ、債務者が一部か全部の返済を放棄した時は、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。

これを拒む事は不可能ですが、債権者に談判をして分割払いにできなくはありません。