都城 個人再生 無料相談

都城で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

都城で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

都城で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら都城にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

都城で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば都城在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

これまでに債務整理で借金を整理した経験がある人は、今後もお金を借りられる可能性は残っているのでしょうか。

法律上は、特に債務整理を行った人に借入などの制限がかかるようなことはありません。

そのため、絶対に借入できないというわけでもありません。

ただし、ほとんどの消費者金融や銀行での融資は相当難しくなります。

とはいえ、あまり大きくない消費者金融などでは、利用できることもありますから、悲観的にならず、問い合わせてみると良いでしょう。

もし債務整理をした場合、所有しているクレジットカードが更新のタイミングで利用不可能になる恐れがあります。

ご存知のように、債務整理をするとその貸金業者が加盟している信用情報機関に事故歴が記録され、クレジット会社もこの情報を元に更新不可と判断するためです。

まだ有効期限を迎えていないのに、使えなくなるケースもあるため、引き落とし先がクレジットカードになっているものは、債務整理を行う前に別の手段を用意しておきましょう。

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、債務の総額が300万になってしまいました。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。

しばらくして無事に再就職しましたが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、最終的に債務整理で借金問題を解決しました。

今は借金も払い終え、一般的な暮らしが送れるようになりました。


一口に債務整理といっても3通りあり、個人再生や任意整理のように自宅や車を手放さなくても良いもの、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

中でも個人再生と任意整理では、安定収入がある人というのが前提になっています。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は「債務の減額」が趣旨であり、どちらも返済しなければならない借金は残っています。

完済まではずっと借金を返していくのですし、安定収入は欠かせないものなのです。

給料を差し押さえされている間にその債権者を含んだ債務整理を行えば、差押えは手続きを始めた時点で解除になるのが普通です。

しかしあいにく任意整理をした際には強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、給与の差し押さえは続くことになります。

早々に和解を成立し、現在の差し押さえ状態の解除に結び付けないことには、生活そのものが成り立たなくなります。

現職の公務員が債務整理の手続きをすると、雇用者に知られるのは避けられないと考えがちですが、ある特殊な状況でなければ、知られることはありません。

自己破産は別として、その他の債務整理では自分さえ黙っていれば、会社に知られる可能性はありません。

しかし公務員ならではの共済組合などでもローンを借りていて債務が残っている場合には、そこ経由で露見する可能性はかなりあるでしょう。


弁護士や司法書士が債務整理の請け負ってくれたらいいなと考えているけれど、経費を工面するのが無理そうだという場合は法テラスに相談を持ちかけるというのも一つの手です。

法テラスというのは法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関です。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、収入の少ない方へは民事法律扶助制度を実施しており、弁護士か司法書士に依頼費用を支払う際に立て替えることで、一挙に高額の支出をせずに済むようにしてくれます。

通常、債務整理は個人個人で行いますので、それがもたらす良い影響も悪い影響も本人のみで配偶者や家族はあまり気にする必要がないものです。

ただ、例外のケースもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

なぜかと言うと、この審査は夫の支払い能力を基準に行っているからです。

それから、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいるともしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。

月々の給与から天引きという形で貯金していくことを財形貯蓄と呼びます。

自己破産によって債務整理した時は、財形貯蓄されている金額と手元にあり自由に使える分のお金の合計が法により決められている上限を上回ると、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。

さらに、たとえ超過していないとしても、残高証明の裁判所への提出が求められます。

この証明書は取引先金融機関か勤務先のいずれかで申請して発行してもらいましょう。