名古屋 個人再生 無料相談

名古屋で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

名古屋で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

名古屋で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら名古屋にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

名古屋で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば名古屋在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

増えすぎた借金を任意整理で整理した場合、和解交渉で減額された債務を毎月払い続けます。

この時に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、残りの債務を一括で返済したり、繰り上げて返済するといった対応が取れるでしょう。

この方法を行う場合、任意整理を行った時、弁護士などが間に入っていたのであれば、自分で行動するより、担当の弁護士などから行ってもらう方が良いでしょう。

多重債務などで債務整理をした場合、この事実がJICCやCICなどの信用情報機関に一定期間保存されるでしょう。

記録が消えるまでは、JICCのケースでは、任意整理、個人再生、自己破産のどれもがおよそ5年の保存期間になります。

あるいは、CICならば、自己破産の情報は5年、別の方法で債務整理を行っている場合、情報は登録されないようです。

ブラックになっている期間中は、キャッシングやローンの審査が通らないなどの制限がかかります。

債務整理をするとブラックリストに名前が載るので、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることが不可能になります。

この期間ですが、債務整理の方法で変わります。

しかし、安定した収入が望め、なおかつ、今の職場に長く勤めている場合は、独自の審査基準を持つ業者ならキャッシングも可能かもしれません。

なお、審査を通過しやすい債務整理の方法は、任意整理です。

次に個人再生、自己破産と続きます。


個人信用情報(いわゆるブラックリスト)には過去の債務整理の情報が何年間は保持されます。

情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあります。

簡単に言えば個人信用情報のデータベースにアクセスできる金融業界に就労を希望する際です。

ローンの利用歴はまだしも債務整理した事実が知られると、残念ながらそれがネックになり、不合格にする可能性も否定できません。

採用する側も全員の信用情報をチェックしているかどうかはわかりませんし、個人ではいかんともしがたい問題です。

返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、依頼を受けた法律事務所などから債権者あてに「債務整理手続きを行います」という内容の書類を発送すると、通知が相手に届いた時点から新たに発生することはありません。

けれども返済をやめてから債務整理開始までの間の延滞利息が、結構まとまった額になっているケースも少なくありません。

任意整理でしたら和解に向けた交渉をする中で、そういった部分はカットしてもらうよう要請します。

これから自己破産をしようという時には、預貯金は包み隠さず申告しなければなりません。

総額が20万円までは生活に必要な額として残すことができ、それを超える部分は債務の返済に充当するのですが、自己破産以外の債務整理では返済方法も変わってきます。

このとき少しでも資産を残したくて、名義変更や預金引き出しなどの節約テクを駆使することは考えてはいけませんし、実行するのは言語道断です。

手続きの過程でそれがバレたりすると、原則として免責が受けられない可能性もあります。


月々の返済が苦しい時の行動というポイントは重なりますが、いわゆる任意売却というのは購入した不動産のローンの返済が手詰まりになった際にその不動産を売って売却金を返済に回す事です。

他方、債務整理というのは返済不可能となった借金の整理を適した方法により行い、完済に近づく事です。

状況次第では不動産ローンと借金のどちらも支払えなくなる場合も考えられるため、そのような時は任意売却と債務整理がどちらも必要になります。

いくら自己破産が借金全てを清算できると言っても、実は支払義務が残るものもあります。

債務整理が基づく法律が破産法ですが、その中で定められた非免責事項については支払義務がなくなることはありません。

代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。

それから、同様の扱いに思えそうなものの、養育費が非免責事項であるのに対し、なぜか離婚の時の慰謝料は免責されるケースも見られます。

親戚や友人が借金を抱えていて、その保証人を引き受けているなら、債権者から取立てが来たとしても債務者に取立てを行うよう伝えて支払いを拒むことができます。

ところが、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、支払いの一部または全部を放棄したとなると、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。

これには保証人は拒否権を持ちませんが、債権者との交渉次第では支払いを分割にしてもらう事はできます。