那覇 個人再生 無料相談

那覇で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

那覇で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

那覇で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら那覇にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

那覇で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば那覇在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

債務整理時に必要な費用ですが、依頼する弁護士事務所などによって違います。

任意整理を例に挙げると、まず債権者1社につきいくらという基本料金が設定がされており、成功報酬を支払う必要があります。

なお、この基本料金とは主に固定料金になっていますから、整理される借金の金額があまり大きくない債権者に手続きを取ってしまうと、反対に、損をしてしまうかもしれません。

以前、借金地獄に陥り、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。

勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。

しばらくして今の会社で採用してもらえましたが、毎月の収入に返済が追い付かず、最終的には債務整理を行いました。

現在は借金とは無縁の生活を送れています。

もし債務整理すると、仕事に悪影響が出るのではないかと考えて、債務整理に対して消極的になってしまう方がいます。

けれど、実際のところ、債務整理の事実が会社に伝わることは、ほぼありません。

任意整理を行ったのであれば、知られることは絶対にないといえます。

その他の債務整理を行ったとしても、担当する弁護士などにきちんと伝えておけば、会社に知られることなく債務整理を終わらせられます。

かえって債務整理をしないで借金を抱えたまま仕事を続ける方が発覚しやすいです。


たとえば個人再生や任意整理といった債務整理を行う際は、一定以上の収入が継続してあることが求められるわけですが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。

生活保護費は生活のためのものですから、債務の返済などに利用してしまえば、支給そのものがストップされるといった例も過去にありました。

結局のところ、生活保護で生活している場合、自己破産以外に債務整理の道はないというわけです。

無償で債務整理の相談に乗ってくれる機会というのは、実際、かなりたくさんあるのです。

各地方自治体でも相談窓口がありますし、全国各地にある消費生活センター及び国民生活センター、各弁護士会、司法書士会連合、法テラスといったところでも相談員が置かれて対応にあたっています。

個人の司法書士、弁護士事務所でも無償で相談ができるところは少なくないですから、引き伸ばすよりは早めの相談をお勧めします。

以前、自己破産で免責の決定を受けた過去があっても、その他の債務整理を行ってからでも、医療保険や生命保険を契約するに際しては本人の望むように行えます。

医療保険や生命保険の加入では健康調査はあっても、個人の信用情報を利用することはありませんから、あえて問い合わせでもしない限り、債務整理をしたかどうか確認する術もないです。

つまり、毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、加入者ないし被保険者のどちらが債務整理を行っても、その影響は受けません。


弁護士および司法書士は、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者は絶対に自分で個別に債務者と面談を行わなければならないとして、債務整理事件処理にあたっての規律を策定した規定を日弁連が設けています。

メールや電話で先に話を聞いてもらう事はできるものの、面と向かって面談することをせず請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務への違反となります。

親戚や友人が借金を抱えていて、その保証人を引き受けているなら、仮に債権者が取り立てようとしてきても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

けれども、債務整理のうちの自己破産や個人再生が行われ、債務者が返済の一部や全部を放棄してしまうと、債権者から未返済分の取立てが保証人に向かいます。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者と話し合いの上で分割払いにできなくはありません。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、返済が完了している借金について債権者に利息支払いが過剰だったならば返還を請求できる「過払い金返還請求」があります。

この返還請求をするには事前準備としてその当時の借金額や取引の履歴が残った書類が不可欠です。

取引の履歴によって、本来の利息額を割り出せますから、不要だった分の利息をを手元に戻せるはずです。