岡山 個人再生 無料相談

岡山で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

岡山で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

岡山で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
下にある診断フォームを使えば、岡山近くで個人再生の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

こちらのフォームを使えば、個人再生の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

※上記のフォームではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

岡山で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上の借金診断フォームを使ってあなたの状況に最適な弁護士事務所を見つけて下さい。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

こちらの診断フォームを使えば岡山近郊で個人再生の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかりますので。

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると、借金地獄からは解放されるものの、ブラックになり、ローンを組んだりクレジットカードを使うことが難しくなるなどのデメリットがあることを忘れてはいけません。

そして、誰もが気になるのが債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。

実際に調べてみると、どうやら、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

もし、債務整理をしてしまったら、ブラックが解除されるまで金融機関から融資を受けることができなくなるのでしょうか。

法律上は、特に債務整理を行った人に借入などの制限がかかるようなことはありません。

そのため、借入が不可能になるということもありません。

ただし、銀行のローンや多くの消費者金融からお金を借りることは相当難しくなります。

ですが、中小の金融機関においては、融資を受けられる可能性もありますから、悲観的にならず、問い合わせてみると良いでしょう。

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。

ここで言う過払い金とは、返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

2008年の法改正以前は、グレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、融資を受けた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

過払い金を返還請求すれば、債務の負担が減らせる可能性があります。


返済に困って弁護士等に債務整理を依頼する場合でもお金は必要です。

案件を引き受けるにあたっての着手金、次に成功報酬、あとは実費として交通費や印紙代等があります。

仮に任意整理を依頼した場合は成功報酬は減額金額によって決められ、個人再生を行う際には成功報酬は先に定められています。

あとは自己破産ですが、この場合も免責許可が下された時点で手続きが成功したことになるので、あらかじめ定めておいた成功報酬を支払います。

債務整理は大きく3通りありますが、裁判所を通さないのは任意整理だけです。

ですが、再生計画を出す個人再生や、債務が免責になる自己破産は本人がいくら希望しても裁判所を通さずにはいられません。

といっても当事者自身が再三再四、裁判所に赴かなければいけないわけではありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、個人再生であれ自己破産であれ、どちらにしても債務者の代理人として弁護士が立ち、手続きのかなりの部分を行えるので、依頼人本人が出向く機会は減ります。

どのような債務整理であろうと、司法書士や弁護士に頼めば作業が発生します。

手続きが始まると、依頼主の事情によりやめたいと言っても、債権者に介入通知が到着してからでは、取り消すというのはとてもむずかしいです。

中でも自己破産の手続きというのは裁判所を介して行うので、キャンセルはききません。

あとあとまで履歴が残るのが債務整理ですから、充分考えた末に手続きを開始しましょう。


普通は債務整理は個人個人で行いますので、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

ただ、例に当てはまらないものもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

なぜなら、夫の支払い能力に準拠して審査がされているからです。

加えて、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるなら落ちてしまうことも否定できません。

返済できる見込みがない借金を債務整理で整理することができるわけですが、各種税金に関してだけはどうしても整理できません。

自己破産に関して定めている破産法にも非免責事項として租税請求権が認められています。

納税義務は国民の三大義務でもありますから、困窮し、自己破産した人であろうと解放はされません。

ただし、役所の担当者に事情を話し分納できないか相談に乗ってもらう事は可能です。

出資法に基づき、昔は利率が利息制限法以上である貸付も珍しくありませんでした。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

今現在は利息制限法の上限を上回る金利は法に背いていることになります。

ですから、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。