大阪 個人再生 無料相談

大阪で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

大阪で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

大阪で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
下にある診断フォームを使えば、大阪近くで個人再生の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

こちらのフォームを使えば、個人再生の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

※上記のフォームではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

大阪で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上の借金診断フォームを使ってあなたの状況に最適な弁護士事務所を見つけて下さい。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

こちらの診断フォームを使えば大阪近郊で個人再生の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかりますので。

 

 

債務整理コラム

借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停を指します。

中でも、任意整理が選ばれることが多く、これは手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、債務整理が長期化することがほとんどない点が特徴です。

任意整理を行うと、司法書士や弁護士が受任通知を出すため、取り立てを一時的に止めてもらえるでしょう。

一方、個人再生や自己破産、または特定調停で債務整理を行うとなると、まず間違いなく裁判所を通すことになります。

仕事に悪影響が及ぶのではないかと心配で、なかなか債務整理で借金を清算できないという話を聞きますが、個人的に行った債務整理が会社にバレることは、ほぼありえません。

ちなみに、任意整理を行った場合は、知られることは絶対にないといえます。

自己破産や個人再生を行ったケースでも、依頼した弁護士や司法書士と相談し、手続きに不備がなければ、会社にはバレません。

かえって債務整理をしないで借金を抱えたまま仕事を続ける方が発覚しやすいです。

どれくらい借金が増えれば債務整理をするかという点ですが、人それぞれだと言わざるを得ません。

借金の総額が数十万円といった場合は、どこかでお金を借りて、返済することもできるでしょう。

でも、すでに借金があるので、お金の工面には相当苦労すると思います。

ともかく、借金の返済が苦しくなった時点で弁護士を訪ね、債務整理を行うべきなのか、客観的に判断してもらう方が結果的には良いと言えます。


一口に債務整理といっても3通りあり、裁判所の判断を仰ぐ個人再生、弁護士等を通して交渉する任意整理、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、基本的に債務者に一定の収入があることが条件となっています。

なぜなら任意整理の和解も個人再生の再生計画も膨らんだ借金の減額が目的ですから、完済まで月々返済していかなければなりません。

完済まではずっと借金を返していくのですし、収入が求められるのは当然でしょう。

支払いが軽減できると言われて債務整理を依頼したのにも関わらず、最終的に支払いが増えて大損したなどという恐ろしい話も耳にします。

いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所に手玉にとられたと思われる事例です。

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、それを上回る費用を請求されるといったパターンです。

こうした羽目にならないよう、何にどれくらいかかるかということは初めに確かめるべきです。

見積書を渋るところは要注意です。

債務に対する金利や遅延損害金等は、実際にその債務整理を請け負う司法書士や弁護士が「この債務の整理をこれから進めます」という意味の書類を債権者に発送すると、相手方に届いた時から新たに発生することはありません。

とはいえ実際に返済が不可能になってから債務整理開始までの間の延滞利息が、結構まとまった額になっているケースも少なくありません。

任意整理でしたら和解に向けた交渉をする中で、そういった部分はカットしてもらうよう要請します。


弁護士、司法書士のいずれも、債務整理依頼を受けるのに先立って担当者自身が必ず債務者と面談を個別に行うこととして、債務整理事件処理における規律についての規定を日弁連が掲げています。

先にメールや電話で相談しておく事もできなくはないですが、実際に会って面談することなく担当となる弁護士または司法書士がいた場合、面談義務に従っていないという事になります。

債務整理の依頼を弁護士あるいは司法書士にする場合、揃えておくべきものは身分証明書に印鑑、使っているクレジットカード、それと現時点の借入状況がわかるものをありったけです。

他にも、所有している資産の証明となる書類を要することもあります。

万が一契約書が手元になくても、クレジットカードの行方がわからなくても、調べる手段はありますからまだ諦めるのは早いです。

全ての債務整理は手続きを独力でこなす事も不可能ではありませんが、とても込み入ったやり方になっています。

それだけでなく、任意整理においては直々に債権者と交渉を要するため、もしこちらが素人だと知られれば交渉が難しくなることも考えられるでしょう。

費用が求められますが、弁護士か司法書士に引き受けてもらう事が最も手続きがすんなり済むでしょう。

費用の相談は法テラスで聞いてもらう事もできます。