大阪 個人再生 無料相談

大阪で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

大阪で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

大阪で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら大阪にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

大阪で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば大阪在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

ご存知のように、債務整理をするとブラックリストに名前が載りますが、任意整理ならば金融機関の各種ローンを利用できる可能性があります。

支払いの意思を放棄しない任意整理の場合、国の発行している官報に名前が記載されることもありません。

過去の返済時に過払い金があれば、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

該当者は特にブラックとして問題になる可能性がありませんから、安心してください。

一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に委任状が重要になるでしょう。

これは、弁護士が債務整理の手続きについて委任を受けていることを証明するために使われます。

依頼者が弁護士と委任契約を交わした後には、弁護士が受任通知を出すため、しつこい電話や郵便の取り立てから解放されます。

委任契約が結ばれると、弁護士は、依頼者の代理人として、業者との話し合いや訴訟の手続きなどを、本人の代わりに進めてくれます。

もし債務整理を無事に終わらせることができたら、金融機関のローンや借入は、またできるようになるのでしょうか。

実際は、しばらくの期間はキャッシングサービスなどを利用することは難しくなるでしょう。

債務整理を行ったことは金融事故として最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。

ですから、この期間中はローンやキャッシングはもちろん、分割払いやETCカードの購入もできなくなります。


個人再生や自己破産の場合、手続きを開始した時点で全ての借入先(債権者)がその対象となるのですが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に処理していくので、債権者全員を対象とするよりは、一般的には、より大きな減額ができそうな債権者から順に任意整理の申立をします。

しかし減額交渉は任意ですから、相手方が応じてくれなければその債務については減額は見込めません。

すべての司法書士が債務整理を扱えるわけではなく、法務大臣の認定を受けた司法書士以外は、個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理を行うことはできません。

また、司法書士が扱う任意整理は借入先1件ごとの債務額が遅延損害金等も併せて140万円以下である必要があります。

そのほか、個人再生や自己破産などを行う際は、弁護士は代理人になれますが、司法書士は代理人として赴くことは不可能ですので、債務者自身が裁判所に行き、やりとりも自分でしなければいけません。

債務整理を頼んだにもかかわらず、担当弁護士に対する不信感が拭えず、依頼そのものをなくしたい時は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

解任せずに他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、債務整理の開始通知を債権者に二重で送りつけることになるので、思いがけないトラブルに発展する可能性があります。

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それから別の依頼先と契約するようにしましょう。


さて、住宅ローンの審査通過のためには債務整理を行ってからいくらかの時間が経過しており、信用情報機関で参照される事故情報、いわゆるブラックリストから債務整理が行われた記録がなくなっている事が欠かせません。

どの程度の期間かといえば債務整理をした方法によってそれぞれで、消えたのか否かを閲覧したければ任意でできます。

記録がなくなっているなら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。

借金に際して保証人を頼んでいる場合は、保証人にまで債務整理の影響が広がります。

どの方法で債務整理を行ったかによってその影響には差があり、もし任意整理や特定調停なら書類の記入が必要なだけで保証人が借金の取り立てを受ける事はありません。

しかしながら、個人再生や自己破産においては、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、全ての借金返済を保証人が肩代わりしなければなりません。

何歳になっても再スタートは切れます。

何歳であろうが債務整理には影響しません。

もし、債務整理を行ってもクレジットカードが使えなくなったりローンを組めなくなったりするだけで、豪勢な暮らしは難しいですが、他は通常と変わらず日々を過ごすことができるでしょう。

たとえ高齢だとしても5年で何もかも元に戻すことができるので、借金で頭を抱えているようなら債務整理を新しいスタートのきっかけにしてはどうでしょうか。