さいたま 個人再生 無料相談

さいたまで個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

さいたまで個人再生の無料相談ならこちらから。

 

さいたまで個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所ならさいたまにも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

さいたまで個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すればさいたま在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停を指します。

中でも、任意整理が選ばれることが多く、これは手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、債務整理が長期化することがほとんどない点が特徴です。

任意整理を行うと、司法書士や弁護士が受任通知を出すため、取り立てを一時的に止めてもらえるでしょう。

一方、個人再生や自己破産、または特定調停で債務整理を行うとなると、まず間違いなく裁判所を通すことになります。

仕事に悪影響が及ぶのではないかと心配で、なかなか債務整理で借金を清算できないという話を聞きますが、個人的に行った債務整理が会社にバレることは、ほぼありえません。

ちなみに、任意整理を行った場合は、知られることは絶対にないといえます。

自己破産や個人再生を行ったケースでも、依頼した弁護士や司法書士と相談し、手続きに不備がなければ、会社にはバレません。

かえって債務整理をしないで借金を抱えたまま仕事を続ける方が発覚しやすいです。

どれくらい借金が増えれば債務整理をするかという点ですが、人それぞれだと言わざるを得ません。

借金の総額が数十万円といった場合は、どこかでお金を借りて、返済することもできるでしょう。

でも、すでに借金があるので、お金の工面には相当苦労すると思います。

ともかく、借金の返済が苦しくなった時点で弁護士を訪ね、債務整理を行うべきなのか、客観的に判断してもらう方が結果的には良いと言えます。


司法書士や弁護士も仕事で実績を積まなければ認められないのは同じで、その分野の実績値は同じ年齢でも異なります。

ときにはほとんど債務経験のない弁護士もいる位ですから、安易に依頼せず、債務整理で実績を積んだ司法書士、弁護士を見つけなければいけません。

時代を反映してか債務整理専門の看板を掲げている弁護士(法律事務所)や司法書士(法務事務所)も少なくないので、手続き中のストレスも非常に少なくて済むようです。

家や車などのローンを完済する前に債務者が自己破産を行うと、返済中でも契約は解除され、売った代金を返済に充てるために、家や車は売ることになります。

一方、任意整理や個人再生では、そのような債務の契約は継続されるので、返済は従来通り続ける必要があります。

また、これらを売却して返済に充てることはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。

債務の減額のみならず、場合によっては一切の債務を帳消しにもできるのが債務整理の特徴です。

しかし、個人再生と自己破産については裁判所を通す以上、公示公告を集めた官報に住所や名前が載るのはやむを得ません。

普段から官報に目を通している人はごく少数なので、気にすることもないといえばそうですが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、誰でも自由に見ることができます。

後悔しても遅いですから、どのような債務整理であろうと、手続きする際はそれなりに腹をくくる必要があります。


債務整理には、債権者に返済を終えた借金のうち利息を払い過ぎていればその返還が請求できるという「過払い金返還請求」があります。

過払い金返還請求を行う時には、当時の借入金額が分かる取引履歴の記載された書類があるといいでしょう。

取引の履歴に目を通して、利息を正確に算出できるので、多く支払われていた利息の還付が受けられるでしょう。

結婚したり離婚をしたりといったことで名字が変更になると、債務整理の記録がまっさらになると思ってはいけません。

カードを申し込むとき旧姓記入欄もよく設けられていますし、氏名だけで本人確認がされるわけではありません。

それに、審査が通ったと仮定しても、それから債務整理の記録が明らかになり次第、カードが停止されたり返還しなければならなくなる事も見込まれるでしょう。

賃貸の物件を新しく契約しようかという場合に、債務整理をしているからと言って審査に余波が及ぶことはありません。

信用情報機関に記録されている事故情報は金融会社のためのもので、不動産会社が確認することは出来ないためです。

したがって、債務整理の影響が引っ越しに及ぶことを心配しなくてもOKです。

けれども、自己破産の申立を行った上でその免責が下りていない期間中は、裁判所が認めた引っ越ししかしてはいけませんので心しておきましょう。