堺 個人再生 無料相談

堺で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

堺で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

堺で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら堺にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

堺で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば堺在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると、借金地獄からは解放されるものの、ブラックになり、ローンを組んだりクレジットカードを使うことが難しくなるなどのデメリットがあることを忘れてはいけません。

そして、誰もが気になるのが債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。

実際に調べてみると、どうやら、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

もし、債務整理をしてしまったら、ブラックが解除されるまで金融機関から融資を受けることができなくなるのでしょうか。

法律上は、特に債務整理を行った人に借入などの制限がかかるようなことはありません。

そのため、借入が不可能になるということもありません。

ただし、銀行のローンや多くの消費者金融からお金を借りることは相当難しくなります。

ですが、中小の金融機関においては、融資を受けられる可能性もありますから、悲観的にならず、問い合わせてみると良いでしょう。

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。

ここで言う過払い金とは、返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

2008年の法改正以前は、グレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、融資を受けた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

過払い金を返還請求すれば、債務の負担が減らせる可能性があります。


勇気を出して決めた債務整理なのに、担当弁護士に対する不信感が拭えず、委任関係の解消を希望する際は、相手の方から降りない限りは、こちらから解任する必要があります。

面倒だからと省略してよその弁護士事務所などに別途依頼すると、介入通知を債権者に二度送付することになり、思いがけないトラブルに発展する可能性があります。

元々依頼した法務事務所との契約はきちんと解約して、あらためて新しいところと委託契約を結んでください。

いかなる債務整理の場合も司法書士や弁護士が介入した段階から、借入先による連絡行為(支払いの催促含む)はピタッと止みます。

ただ、裁判所を通す個人再生や自己破産の場合は対象が全債権者となりますが、弁護士を介して当事者同士が交渉する任意整理では、債権者を選んで減額交渉を行うのが普通です。

全部を対象とすれば別ですが、そうでなければ督促や連絡等は相変わらずということになります。

裁判所を介さない任意整理ならともかく、個人再生、自己破産等の方法で債務整理をするのであれば、代理人として司法書士を立てることはできません。

というわけで、司法書士というのは計算したり必要書類を整えたりという仕事が主体となります。

裁判所へ行くのも債務者本人ですし、裁判官や職員とのやりとりもすべて自分がするはめになります。

また、自己破産を考えているのであれば、申立に弁護士を使わないと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。


債務整理をするにあたっては、債権者に返済を終えた借金のうち払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

この請求を行うには、以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類があるといいでしょう。

これまでの取引履歴を確認することにより、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、払う必要のなかった利息を返還請求することが認められます。

これまでに債務整理をしたことがある上で、それを踏まえて再び債務整理を試みる場合には、一度目の債務整理がどんな方法で行われたかに応じて手続きが変わります。

債務整理が個人再生あるいは自己破産によって行われた人であれば、以降7年間は二度目の債務整理は行えません。

ですが、任意整理だったならば期間の制約は受けません。

大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても認可されにくいもので、二回目の自己破産ならば尚のこと一層難しくなることを覚悟しましょう。

返せなくなった借金の手続きについて聞くならどこかと言えば、経験豊富な弁護士、もしくは、司法書士が籍を置いている法律事務所になります。

弁護士と司法書士はどちらも債務整理の案件を請け負うことができますが、任意整理や過払い金請求を司法書士に頼むには、140万円以内に合計額が収まっていないと引き受けることができないという条件が課せられています。

合計140万円にはいかないということが確かな場合は依頼する相手はどちらでも良いでしょうが、額が大きくなることも否定できないとすれば弁護士に頼む方が安心でしょう。