札幌 個人再生 無料相談

札幌で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

札幌で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

札幌で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら札幌にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

札幌で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば札幌在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

車を処分を避けるのであれば、カーローンはそのままにしておいて、債務整理の方法を選ぶことによって、車を処分せずに済むかもしれません。

ただ、実際に車の所有が続けられるかについては、生活における車の必要性が重視され、人によっては自己破産しても車が残る場合があります。

車がなければ生活が破綻してしまうというようなケースでない限り、債務整理後も車を持ち続けることは難しくなります。

ですから、担当の弁護士などと打ち合わせをして、車を手放せない理由について説得できるようにしておきましょう。

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、現金になっていない売掛金がある場合、それも財産の中に入ります。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生を行うと、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

ただ、100万円の売掛金が残されているとして、この5分の1の20万円分をプラスした結果的に220万円の債務が残ることになります。

債務整理をすると、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることが難しいでしょう。

このブラック状態の期間ですが、どのような債務整理を行うかによって違います。

ですが、定期的な収入があり、なおかつ、今の職場に長く勤めている場合は、審査基準が甘い一部の消費者金融ならば、審査を通過できることがあります。

任意整理を行った場合は、この可能性が高いです。

個人再生の場合も可能性がありますが、自己破産の場合はかなり厳しくなります。


個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、債務が免責となる自己破産とは異なり、債務そのものは残るので、返済義務があります。

しかしここで返済を怠ると、和解破棄、再生計画取り消しということになり、当然ながら遅延利息を含めた全額の一括返済を求められるはずです。

和解にしろ、裁判所に提出した再生計画にしろ、守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。

自己破産の手続きを開始すると、申し立てした日から免責が確定するまでの間は資格や職業の制限が生じます。

たとえば弁護士、税理士、司法書士などです。

もし自分がその職種に該当する場合、破産手続きを開始すると免責決定が下りるまでの何ヶ月間は当該職種で働くことは禁じられています。

債務整理でも個人再生や任意整理の場合は、こういった制限はないですし、通常は職場に知られることもありません。

生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、債務整理の種類によっては解約が必要なケースもあります。

例えば自己破産のケースでいうと、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

そして個人再生を行う場合は、生命保険は解約せずに済みますが、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻金の額が多ければ返済金額に影響してくるでしょう。

また、任意整理では原則的に解約は不要ですし、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。


保証人を設定している借金については、債務整理で保証人にも影響が及びます。

どうやって債務整理をしたかでその影響はそれぞれで、例えば任意整理や特定調停だったならば書類の記入が必要なだけで保証人に対して返済の請求はされません。

一方、個人再生や自己破産の時は、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、借入金の全ての支払いを保証人が負うことになってしまいます。

出資法を基に、以前は利息制限法を凌ぐ利率での貸付が頻繁に見られました。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

現代では利息制限法の上限を上回る金利は非合法となります。

すなわち、グレーゾーン金利での借金を負っていた人は、債務整理を行う事によって実際には払う必要のなかった利息が返還されることがあります。

それがイコール過払い金請求です。

新たに住宅ローンを申し込み、審査に通過するためには債務整理をしてからある程度の時間が経っていて、いわゆるブラックリストにあたる信用情報機関の事故情報の中から債務整理を行った記録が消去済である事が不可欠です。

どれほど時間が経てばいいかというのは債務整理の方法により異なり、消去済かどうかの確認は任意で可能です。

所定の期間が終わっていれば、マイホームのローン購入が債務整理経験者にも可能となります。