仙台 個人再生 無料相談

仙台で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

仙台で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

仙台で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら仙台にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

仙台で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば仙台在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

債務整理をしたことが会社に伝わるのではないかと心配して、つい債務整理を後回しにしてしまうという方も少なくありません。

けれども、実際のところ、債務整理の事実が会社に伝わることは、ほぼありえません。

債務整理の中でも任意整理を行ったのなら絶対にバレないでしょう。

他の債務整理(自己破産や個人再生など)の場合でも、債務整理を依頼した専門家ときちんと話し合い、問題なく手続きが進めば、会社に知られることなく債務整理を終わらせられます。

逆に多重債務のまま仕事を続ける方が危険だといえます。

車を所有したまま債務整理をしたいのなら、車のローンはそのままで、任意整理などにすれば、車を残しておけるでしょう。

とはいえ、持ち続けることに許可が下りるかについては、債務者が仕事や生活でどれだけ車を使っているかで変わってくるでしょう。

もし車がなくても問題ないということになると、所有を認められない可能性も高いので、担当の弁護士などと打ち合わせをして、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。

債務整理の依頼をする場合、司法書士ではなく弁護士にお願いすると良いでしょう。

もちろん、司法書士でも債務整理は可能ですが、債務額が1社あたり140万円以上の場合は関わることができないからです。

弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きな借金がある人も安心ですし、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。

さらに、弁護士にお願いした場合は、債務整理手続きを始めたその日にしつこい取り立てから解放されることも不可能ではありません。


もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、安定収入があることといった条件がつきますが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、生活に充てず借金を返すために使ってしまったら、生活保護費の支給を打ち切るといったことも現実としてあるわけです。

結局のところ、生活保護で生活している間に債務整理するとしたら、とれる手段は自己破産だけと言えます。

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

債務には金利がつきものですし、返済が遅れれば遅延損害金が発生します。

しかし、債務整理の手続きをする弁護士(司法書士)から「この債務の整理をこれから進めます」という意味の書類を債権者に発送すると、債権者にそれが届いた日を境にカウントされなくなります。

依頼者にとっては大きなメリットですよね。

けれども返済をやめてから債務整理開始までの間の延滞利息が、結構まとまった額になっている可能性も考慮しなければなりません。

任意整理でしたら和解に向けた交渉をする中で、その延滞利息をカットするよう要請したほうが良いでしょう。

任意整理では比較的よく聞く話ですが、委任から和解までの数カ月ほどは手続きをしてくれる法律事務所等に一定額のお金を毎月積み立てることが少なくありません。

その主目的は弁護士への支払いのためです。

つまり、交渉中の借入先への返済がいったんなくなりますから、そこで支払うはずだったお金を積立金として貯めていき、和解が済んでからの弁護士への成功報酬にあてるからです。

また、積立の習慣が身につけば今後の返済はとても楽になるはずです。


一般的に債務整理は個人個人で行いますので、それがもたらす良い影響も悪い影響も本人のみで配偶者や家族はあまり気にする必要がないものです。

ところが、例に当てはまらないものもあり、既婚男性が債務整理をしたとしてその妻が専業主婦ならば、クレジットカードが利用できなくなるかもしれません。

審査の基準が夫の支払い能力であるからというのがこの理由です。

他にも、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならば落ちてしまうことも否定できません。

財形貯蓄とは、月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです。

債務整理を自己破産で行うと、この貯金額と手元に所持しているお金の合計が法が打ち立てている上限を上回ると、解約し超過した分を処分しなければいけません。

さらに、オーバーしていない時でも、裁判所に残高証明を提出しなければなりません。

これを入手するには取引先金融機関か勤務先に申請すればOKです。

どうにも生活に窮していて債務整理の相談がしたいのに、どうしても自分が弁護士事務所に入っていくところを目撃されたくない。

もしくは事務所に出向くには忙しすぎるような人には、メールを介して相談することができる事務所もたくさん存在します。

どうしても直接や電話でのやり取りに比べると時間がかかるものの、時間や人目を考えなくてもいいわけですから、何よりも気を張らずに相談することができる方法ではないでしょうか。