渋谷区 個人再生 無料相談

渋谷区で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

新宿で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

渋谷区で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら新宿にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

新宿で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば渋谷区で個人再生の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかりますので。

 

 

債務整理コラム

債務整理の中でも、任意整理や個人再生を行う場合、借金をしている業者や金融機関の同意を得なければなりません。

任意整理であれば、各債権者ごとの債務が対象なので、各債権者との交渉を個別に行っていきますが、法的な強制力があるわけではないので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

個人再生のケースでは、今あるすべての借金を大幅に減額できますが、過半数の債権者が反対した場合は、個人再生に失敗してしまうでしょう。

債務整理の手続きは複雑で時間がかかるものなので、すべての手続きが終了するまで、数ヶ月はかかります。

とはいうものの、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、一部の返済を続けなけばなりません。

この返済分については、利息がつくことはありませんが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、延滞損害金と一緒に請求され、一度にすべての支払いを求められるケースもあるので返済はきちんと行うようにしましょう。

子供がいるのであれば、債務整理の影響が気になります。

もし債務整理をした場合、子供の教育のためのローンが使えるか否かは、大きな問題です。

教育ローンには金融機関が提供しているサービスと、国の教育ローンという日本政策金融公庫(通称、日本公庫)によるサービスがあります。

どの金融機関もブラックリストの情報を共有しているため、債務整理でブラックになっている期間はローンを組むことは難しいでしょう。


債務整理を行う際は、和解にしても裁判所の決定にしても、それなりの時間がかかるものです。

もし任意整理の手続きに踏み切っても、弁護士事務所や司法書士事務所といったプロに依頼し、受任通知を送付してから結果に至るまでには、最短で2か月、場合によって半年かそれ以上かかることもあります。

本来、こうした手続きをしている間は、債権者は督促や連絡はしてこないのですが、強制執行などを求めて訴訟を起こされることはあるようです。

給料を差し押さえされている間に債務整理をして、対象に差押え元の債権者が含まれていると、今まで続いていた差し押さえは解除になるのが普通です。

しかしあいにく任意整理をした際には差押を解除しなければいけないという規定はないため、何ヶ月間かは我慢しなければなりません。

急いで和解を成立できるよう司法書士や弁護士には頑張ってもらい、差押えの解除に至らなければ働くのすらままなりません。

状況次第で借金の大幅減額や、きれいさっぱり債務の返済が免除されることもあるのが債務整理ですが、その性質上、自己破産は言うに及ばず、個人再生を行った際にも官報の裁判所欄(破産、免責、再生関係)に名前や住所が掲載されてしまいます。

官報と聞いてピンとくる人が少ないように、普段から見るものではないものの、官報は長期にわたって保管され、公示公告の類は誰でも閲覧できるのが特徴です。

いったん手続きを開始すれば後戻りはできませんから、債務整理をするにあたってはよく考えることが大事です。


借金の整理を債務者がどうやって行うのか次第で債務整理の方法は4種類あります。

つまり、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つになります。

どの方法も圧縮が可能な金額はどれくらいなのかや裁判所の手が入るのかどうか等、手続きに違いがあります。

全方法に重なる点としてはそれなりの期間、信用情報機関に事故情報の記録が残ってしまうので、それが消えない限りは新たに借金をするのはそう簡単にはできないという事です。

近頃では、債務整理に関する相談がインターネットを通してできるような弁護士事務所も多くあります。

行ける範囲に望ましい事務所がないと落胆しているよりも、ひとまずネットという手を使って自分の事情を知らせてメール相談を持ちかけてみるというのはどうでしょうか。

任意整理は直接出向かなくても電話と郵送で手続ができますので、やる気を出してまずはスタートラインに立ちましょう。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、もう債権者に全て支払ったという借金の払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

過払い金返還請求を行う時には、以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類があるといいでしょう。

取引の履歴に目を通して、利息を正確に算出できるので、過剰な利息の支払い分を手元に戻せるはずです。