新宿 個人再生 無料相談

新宿で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

新宿で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

新宿で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
下にある診断フォームを使えば、新宿近くで個人再生の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

こちらのフォームを使えば、個人再生の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

※上記のフォームではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

新宿で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上の借金診断フォームを使ってあなたの状況に最適な弁護士事務所を見つけて下さい。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

こちらの診断フォームを使えば新宿近郊で個人再生の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかりますので。

 

 

債務整理コラム

借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停を指します。

中でも、任意整理が選ばれることが多く、これは裁判所を通す必要がなく、解決が早い点が特徴です。

弁護士などに依頼すれば、債権者に受任通知が送付されるので、取り立てを一時的に止めてもらえるでしょう。

ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、裁判所を通して手続きを行う必要があります。

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、現金になっていない売掛金がある場合、財産として扱われます。

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、個人再生を行って、5分の1まで債務を減らせますから、200万円になります。

ただ、売掛金として100万円がある場合は、この5分の1の20万円分をプラスした結果的に220万円の債務が残ることになります。

債務整理で残った債務を無事に完済し終えても、時間が経たなければ、クレジットカードの利用やローンを組んで高額な商品を購入することができなくなるでしょう。

それというのも、借金を債務整理によって整理したとなると、いわゆる「ブラックリスト」に情報が保存されることが原因です。

短くとも5年間はブラック状態が続くので、この間は住宅の購入や高い買い物は控えましょう。


いかなる債務整理であっても、司法書士や弁護士に頼むとすぐに作業に着手するものです。

作業はどんどん進み、債務者本人がもし手続きを中止したいと思っても、既に進んでしまっている債務整理をストップしようとして簡単にできるものではありません。

例えば自己破産の場合は裁判所に申し立てを行うと取り下げることはできませんので注意してください。

このようなことにならないために、債務整理をする前は考えに考えた上で開始するべきです。

また、始める前なら弁護士等に相談することもできます。

どういった債務整理を依頼するにも、費用は発生します。

手始めに着手金、成功報酬(作業の成果について支払うべき料金)、印紙や交通費、切手代などの実費です。

任意整理を行った際は報酬は減額幅によって違い、同じ成功報酬制でも個人再生は、成功報酬は先に決めるというシステムです。

最後に自己破産についてですが、免責許可を裁判所からもらえたら所定の金額を成功報酬として支払います。

和解後も借金が残る任意整理の場合は、委任から和解までの数カ月ほどは作業を担当する弁護士や司法書士等に一定額のお金を毎月積み立てることが少なくありません。

債務整理をお願いすると該当する債権者に対する支払いが当面はなくなるため、返済に回すべきお金で積立をしておいて、和解に至ったあとで司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

余れば返済に回すので無駄もありません。


返済に困って借金手続きの助言を求めるなら、弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。

債務整理を頼むなら弁護士でも司法書士でもかまわないのですが、司法書士の場合、任意整理や過払い金請求にあたってはその金額が140万円を超えていると受任資格が認められません。

140万円に達しないことがはっきりしていれば依頼する相手はどちらでも良いでしょうが、額が大きくなることも否定できないとすれば無難に弁護士に依頼しておきましょう。

いくら自己破産が借金全てを清算できると言っても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が則る法律は破産法と言いますが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務から逃れることはできません。

具体例としては各種税金、養育費、罰金などが挙がります。

一方、一緒に扱われがちですが、養育費は免責されないのに対し、離婚の際の慰謝料は場合によって免責されることがあります。

債務整理の方法は様々ありますが、そのうち自己破産は唯一の全ての借金がチャラになるという強力な効果を持つ方法です。

しかし、申立をした人が誰でもできるとは言えず、裁判所から免責許可が出なければできません。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、当人が財産を持っているか否かで違います。

無いのであれば大体3ヶ月で判断されるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、場合によっては1年もかかります。