静岡 個人再生 無料相談

静岡で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

静岡で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

静岡で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら静岡にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

静岡で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば静岡在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

多重債務者の中には、重度のうつ病が多重債務の要因になったということも多いようです。

仕事に行けずに、返済ができなくなったり、不足した生活費を借金で遣り繰りしていたところ債務が膨らんでいたとは、相談しにくいことですから、孤独に悩むという人が後を絶ちません。

そのために、元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。

この過払い金とは、つまり借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

かつてはグレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、債務者は違法な利息を払わされていたのです。

この払い過ぎた分が過払い金です。

過払い金を請求して返してもらえば、債務の負担が減らせる可能性があります。

個人事業主が債務整理で個人再生を行ったというケースでは、帳簿の上での売掛金が現金化されていない場合は、それも財産の中に入ります。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生を行うと、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

ですが、売掛金として100万円がある場合は、5分の1は債務に上乗せされるため、合計220万円の債務となります。


遺産相続の際などに本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、資産より負債のほうが多いときは思いもよらぬ借金を抱え込んでしまいます。

でも、こうした場合は債務整理で負担を軽減することができます。

依頼者に収入があれば任意整理という方法が一般的ですが、裁判所の決定を待つのではなく、弁護士等を通じて債務そのものはなくせなくても減額できるよう、債権者にお願いするのです。

こういった厄介な状態にならないためにも、遺産相続の時は安易に手続きしてはいけません。

債務の返済が困難だから債務整理に踏み切ったのに、逆に支払いが増えたというウワサも、もしかすると真実が含まれているかもしれません。

いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所に手玉にとられたと思われる事例です。

任意整理しても100万の債務が70万にしか減らなかったのにそれを上回る費用を請求されるといったパターンです。

たちの悪い業者にひっかからないように、金銭面については初めに必ず確認しておくにこしたことはありません。

自己破産にしろ任意整理や個人再生にしろ、弁護士等に手続きを委任すると、早々に受任通知(介入通知)の送付が行われ、処理が始まります。

手続き中に仮に債務者側の事情で中止したいと希望しても、既に進んでしまっている債務整理をストップしようとして簡単にできるものではありません。

まして自己破産などは裁判所に申立を行ったあとでは中止はまず無理だと考えてください。

あとあとまで履歴が残るのが債務整理ですから、充分考えた末に弁護士や司法書士にお願いするようにしましょう。


借金の支払いがもう無理だとなった時、借金を整理できる手だてが債務整理ですが、各種税金に関してだけはどうしても整理できません。

自己破産に関して定めている破産法にも租税請求権は免責されない旨が明記されています。

納税義務は国民の三大義務でもありますから、たとえ自己破産しても免れることはできません。

ですが、役所の担当者に事情を話し相談の上で分納を検討してもらう事はできます。

今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。

と言っても、総量規制が取り決められる以前に三分の一を上回る借金を抱えた人もいるはずです。

さらに、総量規制とは貸金業ではないことから無関係の銀行からの借入などが元で、無意識のうちに借金額が年収を上回るほどに巨大化しているケースもたくさんあります。

そのような場合はとても辛い返済になりますので、債務整理を勘案するべきです。

月ごとに給与から天引きして貯金をしていくのが財形貯蓄です。

自己破産により債務整理を行った人は、財形貯蓄額と手元の現金の合計額が法が打ち立てている最大限度額をオーバーしたら、財形貯蓄は解約して上回った分の額の処分が必要です。

なお、たとえ超過していないとしても、裁判所に残高証明を提出しなければなりません。

この証明書は取引先金融機関か勤務先のいずれかで申請して発行してもらいましょう。