立川 個人再生 無料相談

立川で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

立川で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

立川で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら立川にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

立川で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば立川在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

借金の整理のため、弁護士に債務整理をお願いするのなら、委任状が必要不可欠になります。

この書類は、弁護士を債務者の代理人としてたてるために使われます。

実際に委任契約を結んだ場合、担当する弁護士が、受任通知を各業者に送付し、取り立てを止めてもらえるでしょう。

委任契約が結ばれると、弁護士は、債務者の権限を受けた代理人となって、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。

債務整理を行うデメリットもあります。

最もよく知られているものといえば、ブラックになってしまうという点でしょう。

つまり、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、選んだ債務整理の違いで制限が解除されるまでの期間が5年から10年と差があるため、一概には言えません。

弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、数ヶ月は手続きが続くものだと思います。

ですが、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合、債務は減額されますが、支払を続けることになります。

残った債務は金利がかかりませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、十分注意しておきましょう。


公務員が債務整理をした場合、いずれ職場に分かってしまうだろうと思う人が多いようですが、それは間違いです。

たしかに自己破産ではわかってしまいますが、その他の方法なら当事者が黙っているうちは同僚や上司などに知られることはないはずです。

とはいえ、公務員共済組合のようなところからも債務があったりすると、知られてしまう可能性が高いでしょう。

勇気を出して決めた債務整理なのに、担当弁護士に対する不信感が拭えず、委任自体をやめたい場合は、解任という手続きを踏まなければいけません。

手続きを忘れてよその弁護士事務所などに別途依頼すると、債権者に二か所から受任通知が届くことになり、思いがけないトラブルに発展する可能性があります。

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、新しい依頼をするようにしましょう。

これから自己破産をしようという時には、預貯金は包み隠さず申告しなければなりません。

資産があれば、20万円を超えた部分については債権者への返済金にするわけですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。

家族名義にしようとか、解約すればわからないだろうなどとは考えないほうが無難です。

もし露見すれば、自己破産は成立しても免責にならないので、出来心としては随分高い代償を払うはめになります。


債務整理の中でも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、大した問題とはならないものの、自己破産によって債務整理を考えた時は、財産隠しは禁忌の一つです。

裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法で上限の規定があります。

基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が認可されないのはおろか場合によっては詐欺罪に問われかねません。

債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関わらず、支払うお金の調達が無理そうだという場合は法テラスに話をしてみてはどうでしょうか。

法テラスというのは法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関です。

借金についての相談は無料で行っていますし、金銭的に余裕のない人のために民事法律扶助制度に則って、弁護士か司法書士に依頼費用を支払う際に立て替え、少しずつ返済可能にしてくれます。

新たに賃貸物件の契約を行う人にとって、審査に債務整理の経験が加味されたりということはありえません。

なぜなら、金融会社が参照することのできる信用情報機関が持つ事故情報というのは、参照権限を不動産会社は持っていないのです。

したがって、転居を考えた時に債務整理の経験を気にする必要はないでしょう。

とは言え、今現在、自己破産を申し立てているなら、免責が決定するまで転居には裁判所の許可を受ける必要がありますので覚えておいてください。