田川 個人再生 無料相談

田川で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

田川で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

田川で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら田川にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

田川で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば田川在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば住宅ローンの審査に受かることがあります。

任意整理では、自分のできる範囲で返済を続けていきますし、裁判所も通さないので国の発行している官報に名前が記載されることもありません。

もし、借金の返済時に過払い金が出ていた場合、戻ってきた過払い金で借金分が完済できるかもしれません。

このような人はブラックになる可能性がありませんから、安心してください。

債務整理を行う人が増えてきましたが、これには生半可な知識では通用しません。

書類の申請や実際の手続きで長期間拘束されることは想像に難くありません。

これらの問題を考えると、債務整理は弁護士や司法書士に手続きを頼むのがベストなのかもしれません。

彼らは十分な知識のあるプロですから、債務整理が完了するまでの時間もそれほどかからないでしょう。

実際に債務整理をしたら、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。

債務整理には任意整理や特定調停などの種類があり、行った債務整理が違えば所要時間が変わってきます。

ですが、どのような方法を取った場合でも、3か月以上はかかってしまうと理解しておいてください。

もちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、人によっては1年弱、またはそれ以上の時間が必要になることも珍しくありません。


もし自己破産による免責を受けたあとや、個人再生、過払い金返還、任意整理などを行った実績があっても、生命保険に加入することについては本人の望むように行えます。

一般に保険というのは加入時に信用情報の照会をする保険会社はないですし、あえて問い合わせでもしない限り、債務整理をしたかどうか確認する術もないでしょう。

それに、月々の保険料さえ払えるのなら生命保険の契約自体は、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。

個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、免責される自己破産とは訳が違い、減額後も残った借金を返済する必要があります。

もしその返済の約束を破るようなことがあれば、和解破棄、再生計画取り消しということになり、延滞期間に相当する遅延利息を含め、全額の一括返済を求められるはずです。

和解や再生計画の内容は順守しないと、あとで大変な思いをするので注意が必要です。

もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、継続した収入があるのが前提ですが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。

生活保護で支給されるお金は借金返済に充当すべきではないという考え方があり、借金返済などに流用すれば、保護費支給の取りやめというケースも過去にはあるのです。

つまり生活保護を受けて暮らしている方は、債務整理するなら自己破産以外にはないというわけです。


全債務の返済の義務が免除されるというのが自己破産の特徴ですが、申請したとしても免責がなされないことが起こり得ます。

と言うのは、良からぬお金の使い方をしていた場合です。

例として、ギャンブル、または、投資に使っていたり、過剰なショッピングをたびたびしていたような場合がそうしたケースになります。

免責がこれにより許されない場合には、自己破産以外の債務整理で手を打つしかないでしょう。

弁護士か司法書士かを問わず、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者自身が必ず債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件処理上の規律を取り決めた規定を日弁連が通達しています。

まずメールや電話で相談した上でというケースはありえるのですが、実際に会って面談することなく請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、面談義務に従っていないという事になります。

自己破産をするとあらゆる借金がなくなるとは言え、免責されないものも存在します。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が消えません。

例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。

それから、同じように考えてしまいそうになるのですが、非免責事項となる養育費に対して、離婚による慰謝料は免責されることもあります。