高松 個人再生 無料相談

高松で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

高松で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

高松で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら高松にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

高松で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば高松在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

実際に債務整理をしたら、認められるまでに、どのくらいの時間が必要になると思いますか?債務整理には任意整理や特定調停などの種類があり、どの方法で債務整理を行ったかによって時間も変わります。

でも、基本的にどのような債務整理の方法でも、短くても3か月はかかると覚悟しておきましょう。

多重債務者の場合は、状況によっては1年以上かかるようなこともあります。

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、現金化されていない売掛金があると、資産扱いになります。

仮に借金の総額が1000万円ならば、個人再生を行うと、800万円の借金が免責され、債務額を200万円まで減らせます。

しかし、売掛金として100万円がある場合は、100万円の5分の1の20万円を加算した合計220万円の債務となります。

債務整理の際には信頼できる弁護士を見付けたいものです。

まず、依頼したい弁護士の債務整理の費用と実績を確認するのをおススメします。

しかし、料金体系がそれぞれの事務所で異なっていることも多いため、そもそもの手付金の値段は安く設定されていても、成功報酬の割合が他の弁護士事務所より高くなることもあります。

実際に依頼した人の口コミなどを参考にして事務所を選ぶと良いでしょう。

その後、無料相談で直接話せる機会を作り、弁護士のことを信頼できると思えば、債務整理をお願いしてください。


掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。

自己破産については、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

一方、個人再生の際は、原則として解約する必要はないものの、手続き時には解約返戻金は資産として扱われますから、返戻金の額が多ければ返済金額に影響してくるでしょう。

裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、返済額に影響することもありません。

度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで金融機関や回収業者から裁判を起こされたあとであろうと、本人が希望するなら債務整理は可能です。

その際とられるのは主に裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、債務整理を始めると先方が訴訟を取り下げる場合もあって、取り下げになれば給与等を差し押さえられる心配は要りません。

また減額交渉が成立すれば訴訟は取り下げになり、先に決めた合意内容にのっとって返済していくことになります。

債務整理というのは内容が複雑で、大きく3つのパターンがあり、デメリットの少ない順に任意整理、個人再生、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、安定収入がある人というのが前提になっています。

裁判所を通す個人再生も、裁判所を通さない任意整理も借金の帳消しではなく「減額」を求めるものであり、手続きが終了したあとも債務を返済していく必要があります。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、「収入がある」というのは外せない条件なのです。


自己破産をすればあらゆる債務の返済義務を免除してもらえますが、自己破産を申請したのに免責が認められない例があります。

お金を良からぬことに使っていた場合です。

例として、ギャンブル、または、投資に使っていたり、分不相応なショッピングをしょっちゅう行っていたりすると当てはまります。

免責がこうして承認されなければ、自己破産以外の債務整理で手を打つしかないでしょう。

いざ申請や手続きに入った際には、極力早めに片付けたいと思うのは債務整理を検討している方々に共通することだと思います。

しかしながら、債務が免除されたり減額されるという決定が下されるためには当然ある程度待たなくてはなりません。

債務整理をするのに用いる方法や、司法書士や弁護士といった知識を持った人にお願いするのか、全ての手続きを自分でどうにかするのかなどの条件次第で取られる時間には違いが出ます。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理はできなくはありません。

しかし、その手段は任意整理や個人再生といった支払総額の圧縮のみで返済義務から逃れることはできない方法に限定されます。

自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、借金の原因がギャンブルの場合は免責不許可事由として取り扱われ、破産の申立を裁判所に行ったとしても恐らく免責されないでしょう。