宝塚 個人再生 無料相談

宝塚で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

宝塚で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

宝塚で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら宝塚にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

宝塚で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば宝塚在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

仮に、今ある借金を債務整理で整理した場合、借金をどれだけ減らせるかという点は一番気になる点ですよね。

これを知るためには、結局のところ、弁護士などに直接尋ねるのが一番です。

けれども、大げさな感じがして、利用しにくいと感じる人も多いです。

そんな人は、インターネットで無料で債務整理のシミュレーションができるようなサイトがあるので、これを使って目安を知ることをおススメします。

借金を整理するのに有効な債務整理ですが、弁護士に依頼する場合は最も重要なのが、委任状という書類になります。

これは、弁護士が債務整理の手続きについて委任を受けていることを証明するために必須の書類です。

弁護士と委任契約を結ぶと、担当する弁護士が、受任通知を各業者に送付し、取り立てを止めてもらえるでしょう。

委任契約を交わした弁護士は、依頼者の代理人として、債権者との交渉や裁判の手続きをすべて行ってくれるでしょう。

借金が膨らんで債務整理を行ったのなら、債務額を払える範囲まで減額できます。

とはいえ、金融事故として信用情報機関にこの情報が載ってしまいます。

どういうことかと言うと、ブラックリストに名前が載っていることになるので、金融機関の審査が通らなくなってしまうでしょう。

短くとも5年間はブラック状態が続くので、気を付けてください。


個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、債務が免責となる自己破産とは異なり、債務そのものは残るので、返済義務があります。

しかしここで返済を怠ると、和解破棄、再生計画取り消しということになり、当然ながら遅延利息を含めた全額の一括返済を求められるはずです。

和解にしろ、裁判所に提出した再生計画にしろ、守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。

自己破産の手続きを開始すると、申し立てした日から免責が確定するまでの間は資格や職業の制限が生じます。

たとえば弁護士、税理士、司法書士などです。

もし自分がその職種に該当する場合、破産手続きを開始すると免責決定が下りるまでの何ヶ月間は当該職種で働くことは禁じられています。

債務整理でも個人再生や任意整理の場合は、こういった制限はないですし、通常は職場に知られることもありません。

生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、債務整理の種類によっては解約が必要なケースもあります。

例えば自己破産のケースでいうと、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

そして個人再生を行う場合は、生命保険は解約せずに済みますが、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻金の額が多ければ返済金額に影響してくるでしょう。

また、任意整理では原則的に解約は不要ですし、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。


月々の返済が大変な時に起こすアクションというポイントは重なりますが、任意売却というのは購入した不動産のローン返済が立ち行かなくなった場合に不動産を売却し得られたお金を返済に回す事です。

他方、債務整理というのは返済不可能となった借金の完済を目指し、適切な方法により整理する事です。

何がしかの理由によって不動産ローンと借金のいずれも支払えないという場合も考えられますので、そういった人は任意売却と債務整理を両方とも行います。

多くの場合、債務整理によって国内外の旅行や転居に影響が生じることはありません。

新規にパスポートを取得するにも不都合となることはありません。

ところが、例外が唯一あります。

と言うのは、自己破産の申立をしているただ中だけは、自分の居所を常に裁判所に承知しておいてもらうことが必要なので、裁判所が許可した場合でないと転居や旅行は許されません。

免責が裁判所に許可された後は他の方法で債務整理をしたときと同じように、縛りはありません。

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがメリットがそれぞれに違っています。

まず自己破産は全借金の返済から解放されスタートラインから再出発できます。

第二に民事再生は借金(ただし住宅ローンは除く)の元金が圧縮され、家といった資産は失わずに済みます。

それから任意整理では月々に返済する額を債権者と話し合って決めることが可能で、それだけでなく借金の利率や借りていた期間次第では過払い金を返還してもらえる場合もあります。