東伯 個人再生 無料相談

東伯で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

東伯で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

東伯で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら東伯にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

東伯で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば東伯在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

一口に債務整理といっても、その方法は様々で、行った債務整理が違えば時間も変わります。

とはいえ、どのやり方でも絶対に3か月は必要になります。

当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、長引けば1年、またはそれ以上かかる人もいるようです。

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。

有名なところでいえば、ブラック状態になることです。

その影響として、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

この期間についてですが、選んだ債務整理の違いでブラックが解消されるまでが短ければ5年、長ければ10年と変わってきます。

債務整理は時間がかかるものですから、すべての手続きが終了するまで、数ヶ月はかかります。

ですが、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。

仮に、任意整理や個人再生をして債務の負担が減った場合も、支払を続けることになります。

残った債務は金利がかかりませんが、万が一、返済が遅れてしまうと、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、返済期日は確実に守るようにしましょう。


ローンの返済が困難になり、自己破産以外の形での債務整理を行う場合は、マンションやアパートといった賃貸物件に住みながら返済するのであれば、家賃は考慮しておきましょう。

もし家賃の安いところへ転居したとしても、債務整理で残った借金と共に払い続けていく支出ですし、考慮しないわけにはいきません。

それは必要な経費ですから、債務整理の相談に訪れた段階で忘れずに、弁護士なり司法書士に伝えておくべきです。

自分で皮算用するのはおすすめしません。

所定の研修を済ませた認定司法書士でなければ、どのような手段であれ債務整理を手がけることは認められていません。

そして司法書士に債務整理を依頼する際、任意整理では借入先1件ごとの債務額が延滞料なども含め140万円以内でなければなりません。

それ以外にも、自己破産や個人再生では代理人は弁護士と決められているため、代理人として司法書士を任命することは認められておらず、債務者自身が裁判所に行き、やりとりも自分でしなければいけません。

たとえ弁護士に着手金が払えない状態でも、任意整理や個人再生などといった債務整理を依頼することは可能です。

たとえば着手金が無理でも手付けを出来る限り支払うようにするのです。

不足している分は、債権者に受任通知書を送付してから返済が一時的に停止する状態の時にお金を積み立てていき、最終的に成功報酬も含めた上で一度に相殺するのが無理のない方法です。

債務整理の相談で法務事務所などを訪れた際には、このような積立方式について説明があるでしょう。


その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は全ての借金がチャラになるという強力な効果を持つ方法です。

とは言え、申立をすれば皆が皆できるものではなく、裁判所から免責許可が出なければできません。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、当人が財産を持っているか否かで違います。

無いのであれば大体3ヶ月で判断されるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、場合によっては1年もかかります。

自己破産は借金全てを水に流せると言っても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で定められた非免責事項については引き続き支払う義務があります。

代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。

ただ、似たような扱いがされそうに思えますが、養育費は免責されないのに対し、なぜか離婚の時の慰謝料は免責されるケースも見られます。

借金のある身で債務整理を行っている状況下で離婚をするならば、それが生活費の足しにするための借金だったなど婚姻生活を送る上で出来たものだと財産分与対象に含まれます。

法律上では財産として計算するのはプラスの資産だけでは無くて、負債のようなマイナスの資産も共同の財産であるからです。

しかし、婚姻前から既に夫か妻にあった借金だったり、婚姻中に生じたとしてもギャンブルなどで生まれた個人的借金であれば財産分与の対象からは除かれます。