徳島 個人再生 無料相談

徳島で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

徳島で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

徳島で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら徳島にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

徳島で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば徳島在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

使いこなせば役に立つクレジットカードですが、ショッピングに利用し過ぎて月々の支払いに苦しまされることになります。

この時に検討して頂きたいのが債務整理で、債務の減額を認められたり、残った債務を分割して完済を目指せます。

けれども、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、カードで購入済みの物の返済が済んでいなければ、引き上げられてしまうかもしれません。

債務整理をしたいけれど婚約者がいるという場合ですが、あくまで債務整理は債務者の借金と財産を清算するものですから、仮に結婚を控えていても特別な注意は必要ないでしょう。

例えば、債務整理をしたせいで、相手に返済義務が譲渡されるということは100%ありませんから、心配しないでください。

けれども、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。

債務整理の事実を婚約者に正直に伝えてから実際に結婚に進んだ方が良いと思います。

その利便性の高さから、つい使い過ぎてしまうクレジットカードですが、返済能力を超えた場合、支払いが困難になるでしょう。

一般的に、一括での支払いが無理ならば、リボ払いで支払いを続けていくことになります。

しかし、その返済も難しくなるケースがあります。

このような状態になると、気持ちの余裕もなくなり、日常的な生活が困難になりますから、債務整理で借金を整理し、借金地獄を抜け出し、再スタートを切るのも間違いではありません。


けして弁護士の独壇場ではなく、法務大臣の認定を受けた司法書士であれば、債務整理を行うことは可能です。

ただ、任意整理の場合には個々の債務が140万円以内に限られています。

手続きを開始した時点でそこまでの遅延利息込みの金額が140万円以上になると、認定司法書士では交渉を手がけることはできなくなります。

したがって、司法書士を通じて債務整理の手続きをするのならその時点で債務額をしっかり計算しておくべきです。

借金を頑張って返していこうという意欲は悪いものではありませんが、どうやっても返済に行き詰ってしまった際は現状を打開する手段として債務整理が有効です。

債務整理をするかしないか考える目安は、毎月の返済が収入の3割以上に及ぶ場合がひとつの区切りかもしれません。

任意整理の相談が来るのはこの頃に多いですし、早いうちに生活を再建したほうが良いでしょう。

債務整理というのは内容が複雑で、大きく3つのパターンがあり、裁判所の判断を仰ぐ個人再生、弁護士等を通して交渉する任意整理、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

中でも個人再生と任意整理では、本人に収入がなければ選択することはできません。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は「債務の減額」が趣旨であり、どちらも返済しなければならない借金は残っています。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、「収入がある」というのは外せない条件なのです。


返済の目途が立たない借金を整理しようという試みが債務整理ですが、残念ながら各種税金に限っては整理する事ができません。

破産法(自己破産について規定した法律)にも租税請求権が免責されない債権であることが書かれています。

国民の三大義務でもある納税義務ですから、自己破産に至っても放免されるものではありません。

とは言え、現状を役所で訴えて分納できないか相談に乗ってもらう事は可能です。

原則、債務整理をしたとしても国内外の旅行や引っ越しが制限されるということはありません。

パスポートの申請にあたっても特に差し支えはありません。

と言っても、特例が1つだけあります。

自己破産の申立中だけは、自分がどこにいるかをいつも裁判所に届けておかなければならず、転居や旅行に際しては裁判所の許可が必要です。

免責が裁判所に許可された後は他の債務整理の方法と変わりはなく、 無制限となります。

任意整理によって債務整理をする時は、交渉が債権者に拒否されることも考えられます。

司法の手が入らない任意整理は、交渉を当事者同士が行い決定された返済額や期間で返済していく方法になります。

司法が入らないイコール、交渉に応じなければならないという法的義務が債権者には無いに等しいわけです。

ですから、債務者がこれまでに返済したことが一度もない等、どう考えても債権者にとって悪条件であれば合意に至れるとは限りません。