横浜 個人再生 無料相談

横浜で個人再生の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

横浜で個人再生の無料相談ならこちらから。

 

横浜で個人再生の無料相談をしたいと思っている場合は必ず専門家である弁護士に相談して下さい。
このサイトで紹介している法律事務所なら横浜にも対応していますし、匿名無料で弁護士に個人再生の相談ができます。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい分、再生計画案を立てて裁判所を通したりと手続きも個人でできるものではありません。
個人再生の手続きをする際には、必ず専門的な知識と経験のある弁護士に相談し、あなたの借金状況に個人再生が最適かどうかの判断をしてもらって下さい。

 

以下の法律事務所なら、匿名で弁護士に個人再生の無料相談をすることができます。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所ではヤミ金に対応していませんので、ヤミ金に強い実績のある弁護士事務所・司法書士事務所を紹介します。

 

ヤミ金に強い実績のある司法書士事務所ならこちら

 

 

 

横浜で個人再生の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所を利用してあなたの状況に最適な借金問題の解決方法を見つけてください。

 

個人再生の再生計画が認められれば、借金の返済額が大幅に圧縮されるので、経済的な立ち直りを目指すことができます。
個人再生を失敗しない為にも、まずは無料相談を使って弁護士に相談してみて下さい。

 

無料のメール相談を利用すれば横浜在住でも全国対応している弁護士が匿名無料で個人再生の相談を受け付けてくれます。

 

 

債務整理コラム

債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合も、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは住宅ローンなどを利用するのも難しくなります。

それは、債務整理者はブラックリストに情報が残ってしまうからです。

債務整理後のおよそ5年間はこうしたサービスが受けられなくなるので、時間を置く必要があります。

実際に債務整理をすると、会社にバレてしまうのではないかと思い、なかなか債務整理で借金を清算できないという話を聞きますが、実際に債務整理をしても、そのことが会社にまで伝わるようなケースは稀です。

債務整理の中でも任意整理を行ったのならまず大丈夫だといえます。

自己破産や個人再生を行ったケースでも、弁護士がしっかりと債務整理の手続きを行ってくれたら、職場に通告がいくようなことは避けられるでしょう。

むしろ債務整理をせずにいる方が、思わぬキッカケで会社に伝わってしまう可能性が高いといえます。

本人が債務整理を行うことは難しいため、弁護士事務所などを利用する必要があります。

依頼をするとなるとお金が必要になるので、そんな金銭的余裕はないと思っている方も多いようです。

しかし、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、後払いや分割払いにも対応しているところがほとんどです。

すべての料金を最初に払うわけではないため、債務整理の依頼に関して、金銭的な心配はあまり必要ありません。


和解後も借金が残る任意整理の場合は、委任契約から手続きが終わるまでの期間、依頼した弁護士事務所の口座などに毎月お金を積み立てるというケースがあります。

債務整理をお願いすると貸金業者等に対しての債務返済がとりあえず中断されるため、浮いた分を積み立てておき、和解手続きが終了したあとの成功報酬として弁護士事務所等に支払い、残った分は債務の返済に充当するわけです。

債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときはすでに利息制限法に基づいて計算し合意に達していることから、それを返金してもらえるということはなく、借金が帳消しになるだけです。

過払い金額の方が多そうだというのであれば、特定調停などは効果が薄いので、返還を求めて過払い金請求をするべきです。

債務整理を行うときの対象として銀行が含まれていると、本人名義の口座がそこにあれば凍結されると思って間違いありません。

凍結すれば引き出しは出来ませんし、預金があるなら借金の返済に充てられるからです。

とはいえ、自己破産をした場合には最大20万円までの預金については借金の返済に充てなくても良いと定められているため、原則的に20万円のリミットを超えた場合だけが借金返済に回されます。


任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、さほど問題にされることがないですが、自己破産により債務整理を行う人は、財産隠しは最もやってはいけない事の一つです。

破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律で上限の規定があります。

基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、隠していた事が伝われば免責が認められないことはもちろん下手をすれば詐欺罪に問われる可能性も否定できません。

財形貯蓄は、毎月支払われる給料から天引きして貯金していくことを言います。

債務整理のために自己破産をした場合、この貯蓄額と現金で手元に置いている分の合計が法に規定された上限を超えると、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。

加えて、上限額に達していない時でも、裁判所から残高証明の提出を求められます。

これは取引先金融機関あるいは勤務先に申請すれば発行してもらうことができます。

どうにか借金を整理したいのに使用中のクレジットカードが無くなるのが嫌なら、債務整理の中でも任意整理によることでひょっとすると残せるかもしれません。

任意整理は任意の債権者を選定して整理が可能な制度のため、持ち続けたいカード会社とは任意整理を行わず、それ以外とだけ行えば、カードは残ったままです。

ですが、どうしても任意整理を行う以上、信用情報には事故記録が載ってしまいますから、そのせいでカードの更新時に利用停止となる見込みが高いでしょう。